天気予報

28

23

みん経トピックス

山口に火災から再起の鮮魚店観光アプリにエヴァスタンプ

宇部井筒屋のパン店で「申のパン」人気に 毎年恒例「干支パンシリーズ」

宇部井筒屋のパン店で「申のパン」人気に 毎年恒例「干支パンシリーズ」

愛らしい見た目で好評の「申のパン」

写真を拡大 地図を拡大

 宇部井筒屋のパン店「ポンパドウル」(宇部市常盤町1、TEL 0836-35-8160)が販売している「申(さる)のパン」が人気を集めている。

「バナナの食感がいい」と三原さん

 今年の干支(えと)の「申」をモチーフにした同商品。横浜・元町に本店(横浜市中区)を構える同社が毎年展開している「干支パンシリーズ」の第9弾となる。

 ココアを練り込んだ生地を使い、約5ミリメートル角に刻んだバナナが入ったカスタードクリームを包む。クッキー生地で作った顔にチョコレートで目や鼻、口を描いて仕上げる。

 昨年12月26日から販売しており、多い日には1日100個を売り上げたという。「平均して1日50個売れる。早い時には13時に売り切れてしまうこともある」と同店・製造課の三原聖智チーフ。

 毎年趣向を凝らして提供する同シリーズ。今年の商品については、「今までで一番作りやすい。クリームに対してバナナを約20%の割合で入れており、食感が残っていておいしい。このようなクリームを使う商品は初めて」と話す。

 「かわいらしい見た目からお客さまに好評。全世代に受け入れられ、人気が高いので早い時間に来店していただき、楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 「申のパン」の価格は195円。販売は、同店のほか山口井筒屋の山口店(山口市中市町)や全国82店舗で行う。同店の営業時間は10時~18時30分。1月11日まで。12日からは同じクッキー生地を使った合格祈願「だるまパン」の販売を予定する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

50周年を迎えた「山口宇部空港」の外観。7月1日は「山口宇部空港開港50周年記念セレモニー」が開かれ、合わせて「観光物産フェア」が始まった。同フェアは、県内12市と連携して月替わりの内容で開催する。全11回。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング