天気予報

13

5

みん経トピックス

宇部で5回目の「梅まつり」レノファ山口、J1と対戦

山口の商店街に「萩野菜ピクルス」2号店 サンドイッチ販売きっかけに出店

山口の商店街に「萩野菜ピクルス」2号店 サンドイッチ販売きっかけに出店

山口市中心商店街内にオープンした「萩野菜ピクルス」

写真を拡大 地図を拡大

 山口市中心商店街に1月23日、ピクルス専門店「萩野菜ピクルス 山口商店街店」(山口市米屋町2、TEL 083-976-3366)がオープンした。

ボリュームを重視したサンドイッチ

 市内中央公園近くで営業する「萩野菜ピクルス」(旭通り1)の2号店。店舗面積は約7坪。明るい雰囲気に仕上げた店内には、萩産の旬の野菜などで製造した10~15種類の色とりどりのピクルスが並ぶ。

 今回の出店は、昨年11月から始めたピクルスを使ったサンドイッチの販売がきっかけ。店主の椋木章雄さんは「ピクルスの注文はネットからが多いが、店舗販売にこだわりたくて『視覚で引き付けるものを』とボリューム重視のサンドイッチを販売したところ、フェイスブックのみでの告知にもかかわらず連日完売の勢いを見せた」と振り返る。

 「来客があれよあれよと10倍になった。サンドイッチとピクルスを合わせて買われる方が多く、客単価もアップした。場所が住宅街だったので、もっと人目に付くところで販売したくて商店街への出店を決めた」と話す。

 サンドイッチは椋木さんが毎朝手作りで提供する。現在は、1番人気の「カモ肉のタルタルソースサンド」や「スモークサーモンとチェダーチーズサンド」(以上550円)など4種類を用意。両店で販売するが、同店では1日に約50個をそろえる。

 「店内に、ピクルスの試食コーナーも設けたことから、お客さまとコミュニケーションを取ることも増えてきた。今は、イートインコーナーを作る計画をしている」と椋木さん。「今後はカフェも展開していきたい。その第一歩として、ピクルスの食べ方の提案にも力を入れていきたい。商店街の可能性に懸けたい」と意気込む。

 営業時間は11時~17時。水曜・日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇部・中央の居酒屋「中村屋」の外観。同店の店主は、市内「繁光鮮魚店」(新天町)に12年間勤めた中村信治さん。「山口の肴(さかな)」をコンセプトにし、その日に仕入れた旬の魚をメインに提供する。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング