3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

山口でも「うちわで脱原発」プロジェクト-県内の祭りで1万枚配布目指す

「脱原発の風を起こしたい」と話す植野さん

「脱原発の風を起こしたい」と話す植野さん

  • 0

  •  

 原発問題を考えてもらうメッセージを込めたうちわを全国で10万枚配る「団扇(うちわ)で脱原発」プロジェクトが現在、山口県内でも行われている。

「その情報は、ホントかな?」、原発に関する情報が書かれた団扇(うちわ)

 京都と大阪の有志が立ち上げた同プロジェクト。7~8月に日本全国各地で行われる夏祭りや花火大会で、脱原発のメッセージや原発をテーマにデザインされたうちわを配り、「原発問題について考えてもらおう」と実施している。

[広告]

 山口脱原発実行委員・代表の植野麻紀子さんはツイッターで同プロジェクトのことを知り参加した。「山口県でももっと多くの人に原発への関心を持ってもらいたいと思っていたところに今回のプロジェクトと出合った。テレビなどで流れている情報をうのみにせず、自分の考えを持つことが大切」。

 今月23日に開催される宇部市花火大会のほか、下関、山口、柳井、周南の各地で開催される祭りでうちわを配布する予定。県内で1万枚の配布を目指す。

 「お祭りの間はこのうちわで涼んでもらい、家に帰ってからは原発について考えるきっかけにしてもらえれば」と植野さん。

 問い合わせは植野さん(TEL 090-5372-8326)まで。

Stay at Home