学ぶ・知る

宇部のIT企業が新サービス「タッチウエディング」-式場に多機能パネル

「ピージーシステム」の井上佳美さんと「風のみえる丘フェリース」の松浦義典さん

「ピージーシステム」の井上佳美さんと「風のみえる丘フェリース」の松浦義典さん

  •  
  •  

 システム開発やデジタルサイネージを手掛ける宇部・善和の「ピージ-システム」(宇部市善和)が2月、結婚式場に向けた新サービス「タッチウエディング」の提供を始めた。

5コンテンツを搭載した多機能ウエルカムボード「タッチウエディング」

 同サービスは、タッチ式の液晶パネルを用いた多機能ウエルカムボード。搭載する機能は、「プロフィール」「お知らせ」「ムービー」「フォトアルバム」「カメラ」の5つのコンテンツ。新郎新婦に関する情報や写真、2人からの動画メッセージや2次会の案内、席次表などを表示できる。

[広告]

 そのほか「形に残るものを」と付加価値を付けることにも着眼。「カメラ」機能では、新郎新婦によるオリジナルフレームでゲスト同士が記念に撮影し、その場でプリントアウトした写真を持ち帰ることもできるほか、同データは新郎新婦に無料提供するなどのサービスも行う。液晶パネルは42インチを使用。

 宇部の結婚式場「風のみえる丘フェリース」(あすとぴあ2)のアイデア提供の下、約1年かけて開発し、同時に同店への導入も始めた。同店ウエディングプランナーの松浦義典さんは「当初カメラ機能はなく、画面もタップのみでスライドはできなかった。同店でのウエディングフェアで実際にお客さまからアンケートを取るなどして意見を出し合った。アイデア次第で同サービスを使った、さまざまな演出の提案が可能になった」と笑顔を見せる。

 発案したピージーシステムの大村健太さんは「人が集まる場所でデジタルサイネージのサービスを提供できたらと、結婚式場への導入を考えた。良いご縁もあり多くの方と作り上げることができた。今後は同サービスを全国に向けて展開することも視野に入れていきたい」と意欲を見せる。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ