食べる

ANAクラウンプラザホテル宇部で「エスニックフェア」-各国「ピリ辛」料理

元永シェフ(右)と盛シェフ

元永シェフ(右)と盛シェフ

  • 0

  •  

 ANAクラウンプラザホテル宇部(宇部市相生町)内のレストラン「Salvia(サルビア)」で7月1日、「ステーキ&エスニックフェア」が始まった。

目玉は「フォー」

 ディナータイムに月替わりでコンセプトを据え、フェアを展開している同店。今回は「夏に向けてビールに合うピリ辛料理を楽しんでもらいたい」と、ビュッフェ形式でタイ、ベトナム、インドネシア、中国、韓国など東南アジアを中心とした東アジア各国の料理を提供する。

[広告]

 メニューは、オープンキッチンで料理するサーロインステーキとベトナムの麺料理・フォーを目玉に、「ナシゴレン」「豚キムチのナムル」や「カツオのタタキのカルパッチョ ナンプラーソース」のほか、「チンジャオロースー三角春巻き」「グリーンカレー」など約40種類をそろえる。

 元永雅士シェフは「東南アジアの料理に限定せず、韓国や中国のテイストの料理も用意した。宇部近辺でエスニック料理に特化したフェアは珍しいのでは。これからの季節にはビアホールとしてもご利用いただける。アジアンな雰囲気を楽しんでもらえれば」と話す。

 営業時間は17時30分~21時30分。料金は、大人=3,000円、小学生=1,800円、4歳以上=1,000円。8月31日まで。