見る・遊ぶ 暮らす・働く

宇部・万倉の田んぼで「どろんこバレー大会」-泥まみれで「ストレス発散」

どろんこバレー前回の様子、参加者は泥まみれになる

どろんこバレー前回の様子、参加者は泥まみれになる

  •  
  •  

 田んぼをコートにして行うイベント「ワードロカップ2013 第6回どろんこソフトバレー大会inつつじまつり」が4月29日、万倉ふれあいセンター(宇部市西万倉)隣接の特設会場で開催される。主催は、ふれあいネットワークの会。

バランスを崩すと泥まみれ

 田植え前の田んぼの中にバレーコートを作って行う同イベントは、地域間の交流などを目的に7年前から「つつじまつり」と同時開催で続く万倉の春の恒例イベント。毎年、宇部や山陽小野田・美祢など近郊エリアから参加があり、前回は約120人が参加した。

[広告]

 参加条件は中学生以上で「泥んこに耐えられること」。中には泥に足を取られないように靴をガムテープで巻く臨戦態勢のチームやゴーグルをつける参加選手もおり、ゲームの行方を多くの観客が見守る。ゲームは、4人1チーム(登録は6人まで)、1セットラリーポイント制で進める。当日はシャワー室を用意する予定。

 試合後には上位3チームを表彰し、ハッスル賞やコスチューム賞も用意。賞品として地元特産品も準備するほか、参加賞として昼食のうどんが振る舞われる。競技終了後は田んぼで小学生までを対象にした「ちびっこ宝探し大会」も行う予定。

 同イベント主管のコミュニティースポーツくすのき会長の境憲一さんは「少し前は県外からの参加もあったが、最近では地元の企業で結成されたチームなどが目立ち、地域に根付いたイベントになってきた」と話す。「しっかりと泥まみれになってもらい、日頃のストレスをボールに託してもらえれば」とも。

 参加には事前の申し込みが必要。参加費は4,000円。4月10日締め切り。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ