食べる

山口・阿知須、メニューの無い洋食店「メリー」が1周年-カフェ営業開始

「2年目もおいしい・かわいい・楽しいを届けたい」と中野さん

「2年目もおいしい・かわいい・楽しいを届けたい」と中野さん

  •  
  •  

 山口・阿知須の洋食店「Chief's Kitchen Merry(チェフズ キッチン メリー)」(山口市阿知須、TEL 0836-65-5552)が9月1日、オープンから1周年を迎えた。

「海と航海」をテーマにしたログハウス風の外観

 宇部のつけ麺専門店「二代目YUTAKA」の姉妹店として、地元出身の中野航一さん(27)が「海と航海」をテーマにオープンした同店。予約営業を基本スタイルに、固定メニューは設けず「メニューの無い洋食店」としてフレンチをベースにしたコース料理を提供してきた。

[広告]

 オープンからこれまでを振り返り、「当初は市街地でもないこの場所にどのように集客するかばかり考えていたが、リピートしてくださる方も増え、満足度を上げることに重点を置いてきた。がむしゃらに走った1年だった」と中野さん。口コミを中心に広がり、オープンから1カ月ほどでランチタイムは連日満席の人気ぶりを見せたという。利用客の9割を女性が占める。

 同店のメニューは、メーンを肉、魚、パスタから選ぶ「プリフィックスコース」(1,700円)と、メーンに肉と魚が付く「メリーコース」(2,700円)、「季節のおまかせフルコース」(3,700円)などカテゴリーと価格を選べる内容。

 これまではランチとディナーの営業を行ってきたが、ランチに特化するために7月末でディナーを中止。今月3日からはカフェ営業を開始し、中野さんが手作りする「クリームブリュレ」「季節のタルト」「チーズケーキ」など12種類のデザートメニューを中心に軽食などを用意する。

 「おかげさまで『予約しないと入れない店』になった。これからも日常以上特別未満をモットーに、お客さまのニーズに合わせたサプライズ演出や、喜んでいただける心遣いに力を入れていきたい。2号店の出店も考えているので2年目も頑張っていきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は11時30分~日没(カフェタイムは14時~)。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加