プレスリリース

徳山事業所で省エネルギー約30%を実現する高効率ナフサ分解炉を導入いたします

リリース発行企業:出光興産株式会社

情報提供:

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一、以下当社)は、徳山事業所(所在地:山口県周南市、所長:八山 光秀) にて高効率型ナフサ分解炉を導入し省エネルギーを推進いたします。


ナフサは粗製ガソリンとも呼ばれる石油製品のひとつで、分解炉を経由し熱分解することでエチレンやプロピレンなどといった石油化学製品の基礎原料となります。
 建設予定の分解炉と同型の高効率ナフサ分解炉

当社は第五次中期経営計画にて装置の高効率化によるコスト競争力の強化を掲げ、このたびエチレン製造装置内にある旧型のナフサ分解炉二基を停止し、新設する高効率ナフサ分解炉一基へ置き換えることにいたしました。高効率ナフサ分解炉は原料を短時間で熱分解することで、エチレンの得率を高め、熱効率を向上させます。これにより、従来の分解炉によるエチレン生産時と比較し約30%の省エネルギー効果が発揮できます。

本工事期間は、2018年9月~2020年12月です。なお本件は、工場の省エネルギー化を支援する経済産業省の「平成30年度 省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」に採択されています。


当社は、今後も事業活動に伴う環境負荷の低減に努めるとともに、地球環境と経済が調和した社会の形成への貢献を目指します。

以上