山陽小野田・竜王山でホタル観賞イベント-ヒメボタルの見ごろ近づく

ヒメボタルの見ごろが近づく竜王山

ヒメボタルの見ごろが近づく竜王山

  •  
  •  

 山陽小野田の竜王山公園オートキャンプ場は5月28日と6月4日、ホタル観察会「ホタルよこい2011」を開く。

 昨年から始まった同イベントは、同キャンプ場管理人の須田元樹さんのガイドでホタル観賞を楽しむもの。当日は宿泊客を対象に、竜王山を知り尽くした須田さんがホタル観賞案内人になる。

[広告]

 竜王山に多く生息するのはヒメボタル。ゲンジボタルやヘイケボタルよりも一回り小さく、短い間隔で点灯し光を放つのが特徴。西日本有数のヒメボタルの生息地となっている同山では、山の中腹から山頂にかけての登山道や雑木林の中で見ることができ、気象条件が合えば斜面一面にホタルが飛んでいる風景を鑑賞することができるという。

 同キャンプ場スタッフの真鍋さんは「ホタルの目撃情報をすでに聞いているが、今年は例年に比べて発生時期が遅い気がする。ピークは6月第2週ぐらいになりそうで、来月中旬頃まで楽しめるのでは」と話す。

 竜王山では今月28日から、20時~22時の車両の乗り入れを規制する。規制は6月5日まで。

  • はてなブックマークに追加