宇部・琴崎八幡宮に「気」の組み合わせお守り-受験シーズン到来で話題に

大きいお守りでは原色、小さいお守りでは「元」が人気という「気のお守り」

大きいお守りでは原色、小さいお守りでは「元」が人気という「気のお守り」

  •  
  •  

 本格的な受験シーズンを迎え、宇部の神社「琴崎八幡宮」(宇部市上宇部大小路、TEL 0836-21-0008)が頒布している期間限定のお守りが話題を呼んでいる。

2つを組合わせて祈願する「気のお守り」

 1年ほど前から期間限定で頒布を始めた同お守りは、2つのお守りを組み合わせて付ける同神社オリジナルの「気のお守り」。「気」の一文字が書かれた10色の大きなお守りに、「勇」「活」「平」「運」「陽」などの漢字一文字が書かれた10種類の小さなお守りを組み合わせるもので、好きな組み合わせで単語を作り祈願する。

[広告]

 「小さいお守りを2つ付けることも可能で、大きなお守りでは赤や黒、黄色などの原色が人気。小さなお守りでは、体が資本ということで健康を祈願する意味の『元』を求める方が多い」と同神社の藤野勝也さん。「どなたにでも求めていただけるが、特に受験生には『気』と『英』で『英気』や、『根』を組み合わせて『根気』で祈願して合格してもらいたい」とも。

 初穂料は1,000円、小さいお守りが2つの場合は1,200円。頒布は2月3日までの土曜・日曜のみで、時間は8時30分~17時。それ以外の曜日の問い合わせは社務所まで。

SmartNews Awards 2019