買う 暮らす・働く

宇部のメンズショップ「An」が5周年-路面店からスタート、女性客も増加

「ブランドとのコラボ商品もさらに展開していく」とAn・オーナーの南場忠治さん

「ブランドとのコラボ商品もさらに展開していく」とAn・オーナーの南場忠治さん

  •  

 宇部のメンズセレクトショップ「An(アン)」(宇部市中央町2、TEL 0836-39-5975)が10月22日、オープンから5周年を迎えた。

カジュアルから「きれいめ」まで用意

 福岡・小倉でのアパレル経験を経てUターンした宇部出身の南場忠治さんが開いた同店。「音楽・洋服のつながりとこだわりを伝える」をコンセプトに、約18坪の店内には「LiSS(リス)」「Nudie jeans(ヌーディ-ジーンズ)」「Harriss(ハリス)」などアパレル10ブランドをそろえる。

[広告]

 2007年、「ホテル河長」前(中央町3)で路面店としてスタートした同店。オープンから2年後には「ルナーレ」内に店舗を開き、一時は両店を運営していたが、同じエリア内であることなどから現在の店舗に統合。以来、店舗面積の拡大や来店しやすさなどから、男性へのプレゼントを求める女性客なども増え、中学生~60代までの幅広い層の利用があるという。価格帯は、シャツ=3,900円~1万4,000円、ジャケット=1万2,000円~6万円など。

 「若い人が県外に出ていく中で、宇部のファッションシーンを取り戻して若者が集まる街にできれば、宇部の活性化につなげたいと24歳の時に開業を決めた。当店と同時期に設立されたメーカー、ブランドやお客さまと一緒成長してきたように思う」と振り返る南場さん。

 「人が集まるような場所になった今では、当店への期待値の高さを実感している。これからも「『手が出しやすい価格で質が良いもの』にこだわり、自分らしさとマイペースを忘れずに構想を練って幅を広げていきたい」と展望を語る。

 営業時間は10時~20時(日曜・祝日は19時まで)。第1・2月曜定休。