食べる

宇部・西岐波の洋菓子店「サニープレイス」、エリア内で移転 立地環境向上で

宇部・床波でエリア内移転した「サニープレイス」

宇部・床波でエリア内移転した「サニープレイス」

  •  
  •  

 宇部・西岐波の洋菓子店「お菓子工房 Sunny Place(サニープレイス)」(宇部市床波3、TEL 0836-51-3217)が10月10日、移転オープンした。

ショーケースに並ぶ季節の素材を使ったケーキ

 西岐波・床波のスーパー・マルショク程近くのビル1階で営業してきた同店。安心安全と新鮮さにこだわり、「安心なものでシンプルに」をモットーに、今年1月には5周年を迎えた。

[広告]

 今回の移転は「駐車場を確保するため」や「立地環境を良くするため」で、旧店舗での営業を9月21日に終え、同じ道沿いに自宅兼店舗を建てて同エリア内で移転した。

 店舗面積は、移転前と同じ約15坪。外観は明るいプロバンス風に仕上げ、店内は木の色合いを基調に旧店舗と同じ雰囲気に仕上げた。ショーケースには、季節の果物を使った常時約20種類の生ケーキをそろえるほか、約30種類の焼き菓子を用意する。

 現在は、イチジクをのせた「フルーツタルト」(380円)や「カボチャのチーズケーキ」、「おいものタルト」(以上340円)、「かぼちゃプリン」(440円)など秋限定のケーキを始め、「純生ロール」(880円)やロールケーキにフルーツをのせた「ロールのお菓子」(400円)、「生チョコケーキ」(350円)など定番メニューも用意する。

 「以前から移転は検討していたが、十分な駐車場を確保したかったことが一番大きい。床波から離れることと規模を拡張することは考えていなかったので、これまで同様のスタイルで営業していく」とオーナーパティシエの堀尾恭さん。

 「場所としての利便性が良くなったので、これまでよりも多くの方にお越しいただければ。より一層地域に根差していきたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は9時~18時30分。火曜・第3月曜定休。今月31日のハロウィーンには、小学生未満を対象に焼き菓子を進呈するイベントを行う。