天気予報

12

5

みん経トピックス

レノファ、最終節・愛媛戦へ山口県初出店の食パン専門店

美祢・秋吉台で「星空のイルミネーション」 広大な大地照らし幻想的な星空に

美祢・秋吉台で「星空のイルミネーション」 広大な大地照らし幻想的な星空に

同イベントの会場となる秋吉台

写真を拡大 地図を拡大

 美祢のカルスト台地・秋吉台で11月17日、イベント「秋吉台 星空のイルミネーション」が始まった。

8年ぶりに秋芳洞のライトアップも開催

 イルミネーションイベント「やまぐち光誕祭」の一環。県内の観光名所である角島・秋吉台・山口サビエル記念聖堂を舞台とし、10月27日~30日は角島灯台公園にプロジェクションマッピングを投影した。今回は第2弾として秋吉台にレーザーやLEDを照射して「宇宙の鏡」に見立てる。

 カルスト展望台から続く散策道を通った先の小高い丘に鑑賞ポイントを設け、ストーリーを交えながら約20分間演出。LEDで大地に星空を映し出し、レーザーで12星座を描くほか、2つのスクリーンでの映像や音楽、ナレーションなども組み合わせる。

 光誕祭を企画・監修した、イルミネーションプロデューサーの丸々もとおさんは「秋吉台の地形や歴史を取り込みつつ、ストーリー仕立ての演出となった。秋吉台には大きな穴が多く作業は大変だったが、いい作品ができた」と話す。

 期間中、展望台近くの緑地公園では「星空マルシェ」を開催し、「美東ごぼう」を使ったうどんやビール、焼きそばなどの温かい軽食を提供する。

 美祢市観光商工部の廣中剛さんは「今の時期は最も空気が澄んでいて早い時間から星空を楽しめる。3日限りのイベントと満天の星空を楽しみに秋吉台を訪れてほしい」と話す。

 開催時間は18時~21時。料金は、高校生以上=1,000円、小・中学生=500円。今月19日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「寝太郎リレーマラソンin山陽オートレース場」の開催に向けて、準備を進める山陽商工会議所青年部のみなさん。真利憲太朗会長(後列左から2番目)は「地域資源を生かし、このまちの魅力を知ってもらいたい。新しい事業にも前向きに取り組み、挑戦し続けたい」と意気込む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング