食べる

宇部で「中央ビアガーデン」営業開始 目玉は焼き鳥、94日間営業

仕事帰りにビアガーデンを楽しむグループ

仕事帰りにビアガーデンを楽しむグループ

  •  

 宇部の「中央ビル」(宇部市中央町1)屋上で5月31日、恒例のビアガーデン営業が始まった。

店主の秋山さんが焼き鳥を焼く会場

 毎年、エリア内でトップを切って営業を始める同ビアガーデン。同ビル4階の屋上に最大130席を設け、ビュッフェ形式で5時間の食べ飲み放題で提供。9月1日までの94日間、夏本番に向けて営業する。

[広告]

 運営主は同ビル1階の焼き鳥店「焼鳥一力」で、同店が手掛けるのは5年目。今年は焼き鳥を目玉にし、会場内に炭火焼きブースを設けて店主の秋山尚登さんが焼き上げる。

 メニューは、みそやしょうゆなど日替わりで味付けを変える「もつ鍋」や「唐揚げ」、「豚キムチ炒め」や「マーボー豆腐」、「ホイコーロー」「シメのお茶漬け」などで、サラダや揚げ物、炒め物など日替わりで常時15種類を用意。アルコール類は、ハイボールや生ビール、酎ハイや焼酎など約20種類をそろえる。

 肌寒い気温で迎えた初日は、仕事帰りのビジネスマングループが来店。夕日を眺めながらジョッキを傾け、初夏のひとときを楽しんだ。ピークは梅雨明けから8月下旬ごろを見込む。

 今年の営業について秋山さんは「これまでビアガーデンで焼き鳥の提供はしてこなかったが、今年は節目の年。例年に増して気合を入れていこうと目玉に据えた」と気合を入れる。

 「早く梅雨が明けてたくさんのお客さまでにぎわえば。『一力』の魅力も感じてもらいながら、夏の風物詩を楽しんでもらえれば」とも。

 営業時間は17時~22時。日曜定休。料金は、一般=3,200円、中高生=1,800円、小学生=1,200円、3歳以上=500円。雨天と風の強い日は休み。問い合わせは同ビアガーデン(TEL 0836-35-4877)まで。

ピックアップ

ピックアップ