福岡発の専門店「天下のたい焼」-下関に次ぎ宇部・恩田に出店

8釜を使い、じっくりと焼き上げる

8釜を使い、じっくりと焼き上げる

  •  
  •  

 山口県と福岡県でたい焼き専門店を展開する「天下鯛焼本舗」(本社=福岡市)は4月4日、宇部・恩田町のコープやまぐち宇部店内に「天下のたい焼 宇部恩田店」(宇部市恩田町2、TEL 0836-32-5544)をオープンした。

 店舗面積は約20坪。注文カウンターの横は、一面ガラス張りになっており、厨房でスタッフがたい焼きを次々と焼き上げる様子を見ることができる。1釜で2個のたい焼きを焼くことができ、同店では8釜×3台を備えている。

[広告]

 同社の提供するたい焼きは、「皮が薄くパリッとしており、尻尾まで餡(あん)がぎっしりと入っているのが特徴」(同社)だという。メニューは、「黒あん」「白あん」「カスタード」の3種類。「黒あん」には北海道産小豆、「白あん」には手芒豆を使用。価格はいずれも150円。

 同社は、昨年10月に博多本店(福岡市)、昨年12月に長府店(下関市)、川中豊町店(下関市)を出店しており、同店が4店舗目。今月下旬に福岡県太宰府市と田川市にも出店するという。

 同店の大内光夫店長は「たい焼きは洋菓子に比べて低カロリーで、小豆に食物繊維やポリフェノールを含むヘルシーな食品。スタッフが一生懸命焼いているところを見てもらえれば」と話している。

 営業時間は11時~20時。第3木曜定休。

「天下のたい焼き」のたい焼き(関連画像)けやきウォークに「たい焼き」店-どら焼き店から業態変更、出足好調(高崎経済新聞)東京「たい焼き」御三家、四谷「わかば」に年初から行列(市ケ谷経済新聞)代官山に「現代風」たい焼き店-白玉入り小豆あん使用(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加