見る・遊ぶ

宇部の酒造場でイラスト展「わたしたちの宇部」 身近な景色をポップに表現

会場である「永山本家酒造場」を描いた新作を手にするkozi69さん

会場である「永山本家酒造場」を描いた新作を手にするkozi69さん

  •  
  •  

 宇部在住のイラストレーター・kozi69(コヲジロック)さんの個展「わたしたちの宇部」が現在、「永山本家酒造場」(宇部市車地)の事務所2階で開かれている。

イラストと同じポーズで写真が撮れるフォトスポットも

 宇部市北部地域で行われているアートイベント「うべの里アートフェスタ」の一環。国登録有形文化財でもある同事務所を活用し、宇部市の店舗や路地を背景にしたイラストを展示する。

[広告]

 会場周辺や船木地域を描いた新作5点を含め、宇部市内の飲食店や路地を背景にしたイラスト大小27点を用意。作風に合わせたポップな色使いで風景を表現し、看板や植物の様子などまで細かく描いたイラストは「懐かしい」「これはどこの景色だろう」と見る人を楽しませている。

 kozi69さんは「街並みの記録として『宇部の今』を残せれば。宇部周辺に住む人なら知っていると思われる場所を描いているので、地元民だから分かる面白さを楽しんでもらいたい」と話す。

 今年2月で活動15周年を迎えたkozi69さんはこれまで、背景のない人物イラストを描いてきたが、昨年末から人物の背景に風景を描く「まちかどkozi69」シリーズを制作している。「実在する景色を描いたイラストはSNSで反響があり、今回の個展にもつながった」(kozi69さん)。

 開催時間は10時~15時。今月17日まで。問い合わせは「うべの里アートフェスタ事務局」(宇部市北部・農林振興部 北部地域振興課、TEL 0836-67-2812)まで。

  • はてなブックマークに追加