食べる

山口にカフェ「ちいさなうさぎ」 グルテンフリー料理提供、食品販売ブースも併設

「安心安全の料理で楽しんでほしい」と店主の徳永さん

「安心安全の料理で楽しんでほしい」と店主の徳永さん

  • 24

  •  

 山口市の中心商店街に5月16日、カフェ「ちいさなうさぎ」(山口市米屋町3、TEL 080-1905-3729)がオープンした。

旬の有機野菜を使ったランチ

[広告]

 店主は、これまで山口市内のカフェや居酒屋などで15年勤務してきた宇部出身の徳永尚美さん。「安心安全で体に優しい料理」をコンセプトに、無添加やオーガニックにこだわる。小麦粉の代わりに米粉を使い、グルテンフリーの料理を提供する。

 場所は、ベーカリーカフェ「APRICOT(アプリコット)」跡。店舗面積は約45坪。カウンター6席、テーブル20席。店内は、テーブルなどの一部をDIYしてアットホームな雰囲気に仕上げたという。

 食材は、「地元を応援したい」と無農薬で栽培された有機野菜や肉など地元の食材を使う。料理に使用する野菜や調味料などを販売するセレクトショップのブースも設置し、「こんなに美味しい野菜があるんだ、この野菜を作っている方がいるんだということを知ってほしいし、自宅に戻ってもその味が楽しめれば」と徳永さん。

 ランチメニューは、日替わりの「ちいさなうさぎランチ」(1,290円)、「ハンバーグランチ」(1,490円)、「からあげランチ」(1,090円)。塩麹などの調味料やドレッシングなども手作りし、「妊娠中の方や小麦アレルギーで悩んでいる方、年配の方でも安心して食べられる料理を提供したい」と徳永さん。

 カフェメニューは、米粉を使った「シフォンケーキ」(490円)や「季節の果物パフェ」(1,190円)、「生チーズケーキ」(580円)、「生ティラミス」(540円)など。デザートはグルテンフリーでそろえるほか、オーガニックのコーヒーや紅茶、抹茶やバナナ味の豆乳ドリンク、ソフトドリンクを提供する。

 金曜と土曜の夜には居酒屋メニューを提供し、ビールやカクテルなどのアルコールを用意する。

 徳永さんは、「健康を気にしている人にもそうでない人にも、健康的な食生活の大事さを発信していきたいと思い描いていた。料理を食べて、体へ優しい味を知ってもらうきっかけになればうれしいし、健康志向の方が増えれば」と話す。

 営業時間は11時~18時(金曜・土曜は11時~23時、ランチは14時まで)。月曜・第1火曜定休。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース