見る・遊ぶ

長門でサイクルイベント「ハニーライド」 地元レンタサイクル事業者が企画

サイクルイベント「ハニーライド」の参加者(写真提供=片岸将広さん)

サイクルイベント「ハニーライド」の参加者(写真提供=片岸将広さん)

  • 15

  •  

 自転車で養蜂場を訪問するサイクルイベント「ハニーライド」が5月22日、長門で行われた。

湯本温泉街を抜けて走行した

[広告]

 湯本温泉の野外イベント「おとずれリバーフェスタ」の一環。同温泉街でレンタサイクル事業を展開する「長門湯本温泉モビリティYUMO(ユーモ)」が企画した。自転車で生産者の元へ訪れるイベントは、2021年7月に行った「ブルーベリーライド」の津田農園に次ぎ2回目。

 当日、参加した10人は長門湯本温泉公園に集合し、湯本温泉街を抜けて、山間に位置する養蜂場「孫農園」(長門市東深川)まで走行した。約200万匹のハチを育てる藤田岳さんにハチミツづくりのこだわりを聞き、実際にミツを採取する過程を見学した後、用意された大谷山荘の焼きたてパンでとれたてのハチミツ数種類を食べ比べた。

 広島から来たという参加者は「長門は景色がきれいで、自転車で走ってもすごく気持ちのいい場所。ハチミツやパンもおいしかったし、最高のリフレッシュになった」と話す。

 「ユーモ」を運営する「日本海コンサルタント」(石川県金沢市)社会事業本部計画研究室担当室長の片岸将広さんは「地元養蜂農家の皆さんはそれぞれこだわりを持ってハチミツや米、野菜などを生産されている。その両方を楽しめる企画になっていると思う」と話す。ユーモは、2021年9月に自転車レンタルサービスを開始。ハンドメードの折りたたみ自転車「BROMPTON(ブロンプトン)」と電動アシスト自転車「BESV(ベスビー)」を各5台貸し出している。

 片岸さんは「ガイドと巡る自転車散策は不定期で行っている。今後は自転車だからこそ楽しめるようなコースを作っていきたい」と話す。ユーモの営業は、土曜・日曜・祝日の9時~18時で、平日は事前予約のみ対応する。

 店内には、温泉街の観光マップやルートマップなどを設置。常駐するガイドはお薦めコースの相談にも対応する。

 周辺観光に最適なスタンダードプラン(1台・4時間まで=3,000円)、カップル・グループ割り(同=2500円)、長門市民割(同=1500円)のほか、ワンコインで気軽に使える「ちょいのり」プラン(1台・1時間=500円、開店時のみ可)も用意する。カラフルなヘルメットはレンタル無料。貸し出し返却は店舗のみで行う。支払いは現地で現金決済のみ。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース