学ぶ・知る

宇部の専門店、「自分で張り替える壁紙」商品化-普及目指し無料教室も

「壁紙(クロス)をもっと身近に感じてもらいたい」と話す佐々木剛副社長

「壁紙(クロス)をもっと身近に感じてもらいたい」と話す佐々木剛副社長

  •  
  •  

 宇部の室内装飾専門店「インテリア紅葉」(宇部市中山新堀、TEL 0836-32-0306)が10月1日、自分で簡単に張り替えできる「生のり付き壁紙(クロス)」の販売を開始した。

 ホームセンターなどでも同様の商品は販売されているが、「既製品は色やサイズなどが決まっていて種類が少ない。当社の新商品は数千種類の中から自分の好きな壁紙を選ぶことができる」と副社長の佐々木剛さん。さらに、「これまでは壁紙を張り替えるにはどうしもて専門業者に依頼する必要があったが、自分で簡単に張り替えることができるようになった」と話す。

[広告]

 同社が開発したのは、壁紙の裏側につけた接着剤(生のり)が乾かない特殊フィルム。この特殊フィルムと生のりの間に空気が入らないようにする機械を東京のメーカーと共同開発することに成功した。「のり付け機械の改良・開発を一緒にしてもらえる機械メーカーを1年以上探し、やっと実現にこぎ着けた」と佐々木さん。

 同社は全壁紙メーカーの製品を取り扱っており「どのメーカーの壁紙でも生のりを付けて渡せる」という。数千種類の壁紙の中から自分の好きな壁紙を選び必要なサイズを注文すると、約1週間後には生のりが付いた状態で届く。

 これまでは壁紙用の接着剤は半日程度で乾いてしまうために専門業者に依頼する必要があったが「特殊フィルムのおかげで約1カ月は乾かずに持つので、その間に自分で張り替えることができる。業者に依頼せずに自分で出来るので費用が安くなるだけでなく、必要なサイズだけを注文するので材料のロスも出なくなる」(佐々木さん)。

 同社では、同商品の販売開始に合わせて社屋1階に壁紙ショールームを用意したほか、2階には張り替え体験スペースも開設。今月23日・24日には、参加無料の「壁紙張り替え教室」を開き30分程度で壁紙の張り替えが自分でできるように指導する。今後については、「年に3~4回はこの無料教室を開きたい。材料の特性や壁紙の選び方、サイズの測り方など壁紙に関して幅広くアドバイスできることをアピールしていきたい」と意気込む。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ