プレスリリース

【国内史上最安】クラウドファンディングサイトのCrowdFansが「決済手数料4%キャンペーン」を開始!

リリース発行企業:株式会社月華堂

情報提供:

株式会社月華堂(山口県宇部市 代表取締役:北村 久雄)が運営するクラウドファンディングサイトのCrowdFans(クラウドファンズ)は、本日より「決済手数料4%キャンペーン」を開始いたします。




クラウドファンディングは資金調達の手段としてだけではなく、広告宣伝としての効果も期待できる、新しいマーケティング手法として注目されています。個人から法人まで認知の広がりつつあるクラウドファンディングですが、今までのオンラインショップとはノウハウが異なるため、実際の利用をためらうケースが少なくありません。そこで、CrowdFans(クラウドファンズ)では購入型クラウドファンディングをより気軽に体験して頂く目的で「決済手数料4%キャンペーン」を行うことにいたしました。CrowdFansではクラウドファンディングの開始時に目標金額の0.1%をシステム利用料としてお支払いいただきますが、決済手数料4%と合わせましても日本国内の購入型クラウドファンディングにおいて歴史上最も低い手数料となっています。(※当社調べ)

決済手数料4%が適用される条件は、キャンペーン期間中(2018年12月1日~2019年3月29日)に、クラウドファンディング記事を登録し、CrowdFansの審査後、クラウドファンディングの開始までを完了することになります。


【CrowdFansについて】

「手数料の安いクラウドファンディングを利用したい」という強いニーズに応えるために登場したクラウドファンディングサイトがCrowdFans(クラウドファンズ)です。2018年6月からテスト運用を開始し、同年11月にコンビニ決済、銀行振込に対応いたしました。そして、2018年12月の正式リリースと合わせて、日本国内の購入型クラウドファンディング史上最安となる決済手数料4%キャンペーンを開始いたしました。CrowdFansという名前には、クリエイターが沢山(Crowd)のファン(Fans)と一緒にプロジェクトを成功させて欲しいという願いが込められています。

CrowdFansサイトURL: https://crowd-fans.com


【CrowdFansの手数料について】
CrowdFansの手数料は「システム利用料」と「決済手数料」の2つから構成されます。
・システム利用料(目標金額の0.1%)
・決済手数料(支援金額の4%)※キャンペーン終了後は7~9%

クラウドファンディングを開始するタイミングで「システム利用料」がかかります。クラウドファンディングの募集締切の後、支援金の振込みが発生する場合「決済手数料」がかかります。詳しくは、CrowdFans手数料のページをご確認ください。

手数料について: https://crowd-fans.com/pricing


【All in方式とAll or Nothing方式について】
CrowdFansでは「All in方式」と「All or Nothing方式」のクラウドファンディングルールを提供しています。

All in方式のプロジェクトは、最初の支援が申し込まれた時点で資金調達が成立します。つまり、目標金額に到達しなくても支援金を受け取ることができます。「実施は決まっているが、さらに盛り上げる!」という場合に向いているクラウドファンディングの方式です。

All or Nothing方式のプロジェクトは、支援金額の合計が目標金額を到達した場合のみ資金調達が成立します。支援金額の合計が目標金額を超えなかった場合、プロジェクト実施者は支援金を受け取ることが出来ません。「支援者が集まるなら、新しいチャレンジを開始する!」という場合に向いているクラウドファンディングの方式です。


【CrowdFans運営会社概要】
会社名 : 株式会社月華堂
所在地 : 山口県宇部市中央町1-7-23 宇部センタービル3F
設 立 : 2017年5月15日
代表取締役: 北村 久雄
事業内容 : 自社サービスの企画・運営
WEBシステムの設計・開発
スマートフォンアプリの設計・開発
URL : https://gekkado.com/