暮らす・働く

山口・湯田温泉に土産新商品-「ゆう太」「ゆう子」のぬいぐるみ販売

湯田温泉旅館協同組合が販売する「ゆう太」(右)「ゆう子」(左)のぬいぐるみ

湯田温泉旅館協同組合が販売する「ゆう太」(右)「ゆう子」(左)のぬいぐるみ

  •  
  •  

 山口・湯田の湯田温泉旅館協同組合(山口市湯田温泉5、TEL 083-920-3000)が4月より、湯田温泉のマスコットキャラクター「ゆう太」「ゆう子」のぬいぐるみの販売を始めた。

 キャラクターグッズは、湯田温泉のPRを進めている同組合が「より湯田温泉に親しみを持ってもらえるように」と作ったもの。

[広告]

 県内で行われるイベントに着ぐるみで登場している「2匹」だが、ぬいぐるみの商品化に当たっては、「着ぐるみと雰囲気が変わらないよう、顔の大きさや目の位置、全体のふくらみ、手の肉球の形や色など細部にわたりこだわった」という。

 発売後の売れ行きについて、「予想以上に好評」と同組合の瀧下尚子さん。2匹は「恋人同士」というストーリー設定から、「ゆう太」と「ゆう子」をペアで購入する人が多いという。「お土産グッズでぬいぐるみを販売するのは念願だったので、たくさんの人に愛される商品になれば」と笑顔で話す。

 価格は1個1,000円。湯田温泉観光案内所で販売している。

  • はてなブックマークに追加