見る・遊ぶ

フェースペイント写真を年賀状に-宇部の写真店が撮影サービス

フェースペイントを施した年賀状向けの写真

フェースペイントを施した年賀状向けの写真

  •  
  •  

 宇部・中央町の「山本写真機店」(宇部市中央町1、TEL 0836-31-5005)が11月1日、地元のフェースぺインターとコラボした年賀状向けの写真撮影サービスを始めた。

妊婦のおなかに描いた「ベリーペイント」

 同店で顔にイラストを施し、年賀状向けの写真を撮影する同企画。宇部在住のフェースぺインター・Mifuyuさんがアイデアを持ちかけたことから実現し「年に一度の機会に『いつもとは違う自分』の写真を残そう」と実施する。

[広告]

 イラストは、来年の干支(えと)である辰(たつ)をモチーフにしたドラゴンやドラゴンアイ、初日の出、ハーフモンスター、タイガー(オレンジ、ピンク)、リーブス、バタフライ、フラワーの9種類から選択。ペイントにかかる時間は1人20分ほどで、一度に4~5人まで可能。絵の具は、お湯とせっけんで落ちる顔・体専用のものを使う。

 Mifuyuさんは2年前から本格的にフェースペインターとしての活動を始め、妊娠中の女性のおなかに描く「ベリーペイント」や、宇部新川市まつりの「狐の嫁入り」のペイントも手掛ける。「フェースペイントというと国旗のイメージが強いかもしれないが、今回はフルフェースのイラストもあり大掛かり。年賀状にもインパクトが出ると思うのでこの機会に体験してもらえれば」と話す。

 撮影後については「ペイントを拭き取るためのウエットティッシュを用意するが、自宅に帰って落としてほしい」(Mifuyuさん)とも。

 料金は、フェースペイント=4,500円(2人目からは1人1,500円)、写真=1カット6,000円。同写真を使う年賀状も同店で注文できる。年末まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ