宝くじ-奇跡の売り場「宇部琴芝チャンスセンター」、3年連続なるか

3年連続高額当選に期待がかかる奇跡の売り場「宇部琴芝チャンスセンター」

3年連続高額当選に期待がかかる奇跡の売り場「宇部琴芝チャンスセンター」

  •  
  •  

 2年連続で年末ジャンボ宝くじの高額当選が出た「宇部琴芝チャンスセンター」に、連日多くの人が億万長者を夢見て足を運んでいる。

 「奇跡の売り場」と呼ばれる同売り場。2009年の年末ジャンボでは1等(2億円)2本と前後賞(5000万円)4本、2010年には1等(2億円)1本と前後賞(5000万円)2本の高額当選が出たことで大きな話題となった。

[広告]

 「今年は購入客が途切れないほど多い」と話す同売り場担当者。販売終了まで10日を切った大安吉日の12月13日も10時過ぎから仕事途中のサラリーマンなど約20人が行列を作った。

 行列に並んだ市内在住の男性は「今年は6万円分購入した。昨年、おととしとこの売り場で購入したが、当選は最高でも3000円だった」と笑いながらも、「今年こそは」と期待を込める。

 「これだけ多くの方に足を運んでいただいたのに高額当選が出ないと申し訳ない気持ちすら感じる」と同売り場担当者。

 今年の年末ジャンボ宝くじの当選額は、1等=2億円、2等=1億円、1等前後賞=各5,000万円。当選本数は1等=132本、2等=66本(66ユニットの場合)で、昨年の年末ジャンボに比べて1等の当選確率が倍増した。

 今年も宇部の街に「宝くじの神様」はほほ笑むのだろうか。

 価格は1枚300円、今月22日まで販売。抽せん日は12月31日。

  • はてなブックマークに追加