山陽小野田で「解剖学に基づく」バレエ教室-22歳女性が初主宰

山陽小野田のセントラルホテルで始まった「大人のためのクラシックバレエ」教室

山陽小野田のセントラルホテルで始まった「大人のためのクラシックバレエ」教室

  •  
  •  

 山陽小野田市出身の22歳の女性が6月9日、「セントラルホテル」(山陽小野田市千代町1、TEL 0836-83-5888)でバレエ教室「大人のためのクラシックバレエ」を始めた。

講師・松下純子さんは山陽小野田市出身の22歳

 3歳からクラシックバレエを始めたという松下純子さんが「この辺りでは大人のためのバレエ教室を見掛けない」ことから開いた。

[広告]

 専門的な講義やワークショップなどの受講経験を持つ松下さんが、スポーツをする時とは異なる筋肉の使い方やストレッチ、エクササイズなど「解剖学に基づくバレエ」を全10回の教室で教える。

 「バレエは無理をして足を上げたり体を動かしたりするイメージがあるかもしれないが、筋肉や関節の使い方を知っていれば自分に合った体のポジションでできる」と松下さん。

 初日は「バレエの呼吸、姿勢を知りましょう」をテーマに7人が参加。呼吸方法やストレッチを行った後「バー」を用いて、バレエの動きでエクササイズを楽しんだ。

 下関市から参加した20代女性は「初めてバレエを体験した。ヨガと似ているポーズもあり、とても身近に感じることができた」と話す。宇部市から参加した20代の女性は「他にもスポーツをしているが、動かした筋肉が違うと実感する。とても背中が伸びたように思う」と感想を話す。

 現在、自身が通う下関市のバレエスタジオで、小学生や女性を対象としたクラスの講師も務める松下さん。「バレエの魅力をもっと知ってもらいたい。バレエを通して健康な体作りのサポートをしていければ。夢は自分のスタジオを持つこと」とほほ笑む。

 教室の開催は月2回(各回の参加も可能)。2回目(今月23日)は「ボールを使って美しいアームスを作りましょう」、3回目(7月14日)は「タオルを使って美しい背中を目指しましょう」をテーマに開催予定。参加費=1,000円。問い合わせ・申し込みは同ホテルまで。

  • はてなブックマークに追加