食べる

山口・阿知須にメニューのない洋食店「メリー」、船と航海イメージ

同店スタッフの福田さん(右)、フレンチ出身のオーナー・中野さんはサンジのイメージで金髪にしたという

同店スタッフの福田さん(右)、フレンチ出身のオーナー・中野さんはサンジのイメージで金髪にしたという

  •  
  •  

 山口・阿知須に9月1日、洋食店「Chief's Kitchen Merry(チェフズ キッチン メリー)」(山口市阿知須、TEL 0836-65-5552)がオープンした。

メニューがない同店が提供するのはフレンチベースの料理

 宇部のつけ麺専門店「二代目YUTAKA」の姉妹店としてオープンした同店。場所は、宇部との市境近くのアウトドア用品専門店・ペンブローク横。店舗面積約30坪、カウンター4席、テーブル席20席。「船と航海」をテーマにしたログハウス風の店内では、フレンチをベースにしたコース料理を提供する。

[広告]

 予約営業を基本スタイルにする同店。メニューは設けずに肉、魚、パスタなどのカテゴリーと1,500円、2,500円、3,500円の価格帯のみをオーダー。その日のメーン料理は店内に掲示するものの、内容は「シェフお任せ」。予約時に好き嫌いとアレルギーを聞き、アレンジを利かせるという。ディナータイムには、イタリアやアイルランドなど各国13種類のビールも用意する。

 「イメージしたのは漫画ONE PIECE(ワンピース)の世界観」と同店オーナーシェフの中野航一さん。「店が海賊船・メリー号で客席は甲板とキャビン。キャラクターで例えると私がサンジ。コースで一皿ずつ提供する料理は、島を巡っているようなイメージで楽しんでもらいたい」と話す。

 「キャッチフレーズは『〇×▽×□(ちょめちょめ)できる洋食厨房(ちゅうぼう)』。通常の食事、記念日利用もイベントとニーズに応じて柔軟に対応していきたい。不思議な場所に行くような感覚で来ていただければ」と笑顔を見せる。

 営業時間は、11時30分~14時、18時~。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加