見る・遊ぶ 暮らす・働く

山口県が「サイクル県やまぐち」初回イベント 自転車で県の魅力発信を

秋吉台では雄大な自然を眺めながらサイクリングできる

秋吉台では雄大な自然を眺めながらサイクリングできる

  •  
  •  

 山口県は8月27日・28日、9月3日・4日の4日間、自転車による新たな魅力づくりを推進するプロジェクト「サイクル県やまぐち」の初イベントを開催する。

下関・角島でのサイクリングの様子

 サイクルスポーツを通して山口県の魅力を発信することで、交流人口・観光客の増加や地域資源の再発見などを目的にする同プロジェクト。全国的なサイクルスポーツ人気や、県内で近年サイクルイベントが盛んに行われていることに着目。協議会を今春立ち上げ、展開を始めた。

[広告]

 同プロジェクトには県内14市町が参画し、100カ所に「サイクルエイド」を設置することを掲げるほか、各地域でのイベントとも連携を深めるなど今後3年間展開する。自転車に乗った村岡嗣政知事が出演するCM動画の制作やウェブでの発信も行い、周知を図る。

 第1弾イベントとして今回、総合サイクルイベント「All Yamaguchi Ride Festa」を開く。目玉として、国内最大規模ロードレースシリーズ戦を開催し、27日にはプロ選手が出場する個人タイムトライアルの「藩庁門タイムトライアルinやまぐち」(県庁敷地内)、28日にはチーム戦で順位を競う「維新やまぐちクリテリウム」(パークロード)を実施する。

 27日・28日には山口市の観光スポットをウォークラリー形式で巡る「ポタリングinやまぐち」(山口市内)、28日には美祢を会場にした「みねすとろん2016」やプロ選手とパークロードコースを周回する「やまぐちサイクルパレードラン」を行う。9月3日・4日には「やまぐち十種ヶ峰国際ダウンヒル」(山口市阿東)、全日で「キッズサイクルイベント」(県庁内)を開く。

 「山口県は豊かな自然を強みに、瀬戸内海と日本海の景観を楽しむことができたり、秋吉台など雄大な自然を感じたりできることに加え、交通網が整備されておりサイクリングには最適な環境」と県スポーツ振興課の森重信博さん。

 「各地域での参加者数などを見ても、ここ2~3年で県内のサイクリング人口も急激に増えてきている。自転車でしか感じることができないスピードや景色がある。これを契機に良さを発信していきたい」とも。

 各イベントへの参加方法などは県ホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ