食べる

宇部・中央の洋食店「メリメロ」がランチ営業 夜営業の集客にも

「メリメロ」が提供するランチメニューのパスタ

「メリメロ」が提供するランチメニューのパスタ

  •  
  •  

 宇部・中央の洋食店「CUISINE meli melo(メリメロ)」(宇部市相生町9、TEL 0836-39-7199)がランチ営業を開始して約3カ月がたつ。

ランチ営業を再開した「メリメロ」店内

 2010年10月21日にオープンし、6周年を迎えた同店。ディナータイムに営業し、季節ごとの料理や県産のジビエ料理などを提供。今回、約2年ぶりに平日限定でランチ営業を再開した。

[広告]

 ランチ営業を開始したのは、夏の宴会シーズンの波が過ぎた9月中旬。「ディナー営業での客足が鈍くなったことが一番の理由」と店主の津田邦彦さん。現在は、忘年会シーズンに突入し「例年、黙っていても12月は忙しくなる時期」としながらも、宇部・中央エリアの居酒屋などでは、歓送迎会や夏・忘年会シーズン以外での平日の集客が課題となっている。

 平日のランチ需要を狙い「気軽に寄っていただける時間帯で当店を知っていただき、ディナーへの来客につなげることが目的」(津田さん)。

 提供するのは、ランチタイム限定で提供するカレーとパスタ。カレーは、約10種類のスパイスや赤ワインで煮込み辛さを控えたオリジナル。「鶏Curry」(700円)や「カツCurry」「オムCurry」(以上950円)、「焼Curry」(900円)を用意する。

 パスタは、トマトソース・クリームソース・ペペロンチーノの3種類を週替わりでそろえ、サラダ付きの「Aコース」(900円)とデザートも付けた「Bコース」(1,200円)、前菜とデザートを付けた「Cコース」(1,800円)を提供する。

 ランチ営業を開始して以来、近隣のビジネスマンやOL、常連客の来店があり、新規客の取り込みにも効果が出てきているという。「2年間ランチ営業をしていなかったのは、人手不足が理由。繁閑の差が激しいが、ランチ営業を始めたことが少しずつ広まっている実感がある」と話す。

 「ランチタイムの営業は、今のところ無期限で行う予定。毎日20人前後の来店が目標。来店のきっかけにしていただき、ディナー営業につなげたい」とも。

 営業時間は、11時30分~14時、18時~。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ