食べる

山陽小野田に鉄板焼き居酒屋「ダジン」 店名はローカル語「小野田人」から命名

目の前で肉が焼ける様子を楽しめる店内

目の前で肉が焼ける様子を楽しめる店内

  •  
  •  

 JR小野田駅近くに12月21日、鉄板焼き居酒屋「鉄板ダイニング DAJIN(ダジン)」(山陽小野田市日の出3、TEL 0836-38-8818)がオープンした。

電車の線路に見立てた外観

 同駅前で2011年から営業している居酒屋「肴工房 えいじ庵」が新業態の姉妹店として出店した同店。新築した2階建て店舗の1階で営業する。店名は、ローカル語「小野田人(おのだじん)」の略語「だじん」から命名した。

[広告]

 席数はカウンター7席、テーブル席14席。目の前で調理するカウンター席では、熊本県産「味彩牛」を使ったステーキをメインに提供する。

 メニューは、「牛サイコロステーキ」(1,600円)、「リブロースかぶり」(2,400円)、「ヒレ」(3,400円)(以上100グラム)などのステーキメニュー約5種類を用意するほか、カキ(1個=300円)、アワビ(4,000円)、「せせりのバターしょうゆ炒め」(800円)などの鉄板焼きメニューも用意する。「アヒージョ」(650円~)、パスタメニュー(900円~)などの居酒屋メニューも約30種類そろえる。

 「1年ほど前から構想を練ってきた。当初はえいじ庵の別館として、宴会利用を中心とした店にする予定だったが、小野田にはない業態の店にしたいと新業態にした」と店主の福田稔さん。

 店長の高野翔さんは「告知を一切せずに開店し、今は当店の前を通った方や地元の方、口コミなどで知った方の来店がほとんどだが、予想以上の利用がある。記念日や誕生日にもご利用いただければ」と話す。

 「現在、内装工事中の2階は、地酒と地焼酎を主力にしたバー『だじん酒場』としてオープンする予定。両店の相乗効果も期待し、当店から発信して駅前や地域を盛り上げていければ」と福田さん。

 営業時間は17時30分~24時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加