天気予報

16

14

みん経トピックス

レノファ山口、ホーム開幕戦山口・大殿大路でひな巡り

宇部にコーヒー専門店「イグアルコーヒー」 市内女性、「好き」が高じて開業

宇部にコーヒー専門店「イグアルコーヒー」 市内女性、「好き」が高じて開業

「家みたいに気軽に寄ってもらえる店にしていきたい」と重谷さん

写真を拡大 地図を拡大

 宇部・工学部通りの住宅街に2月14日、コーヒー専門店「igual coffee(イグアルコーヒー)」(宇部市東梶返1、TEL 0836-55-5666)がオープンした。

古民家を改装した「イグアルコーヒー」

 古民家を改装した店内で、自家焙煎(ばいせん)コーヒーを提供する同店。市内中央の「カフェ126」で経験を積んだ重谷奈穂美さん(29)が独立し、半年間の準備期間を経て開業した。店舗面積は約6坪、席数は7席。

 元来コーヒーが好きだったという重谷さん。2年ほど前に、コロンビアやニカラグアなど中米のコーヒー農園に赴き、生産者から話を聞いたことで「どのような思いでコーヒー豆が栽培されているのか、その現場やストーリーを伝えたい気持ちが大きくなった」という。

 提供するコーヒーは、産地や生産者、生産時期・方法までが分かる「スペシャルティコーヒー」。重谷さんが訪れた農園のコーヒーも提供し、注文が入るたびに一杯ずつ豆をひく。

 コーヒーメニューは、「本日のコーヒー」や「エスプレッソ」(以上450円)、「カフェラテ」(500円)や「キャラメルラテ」(550円)など6種類。紅茶やココア(500円)などのほか、重谷さんが手作りする「本日のケーキ」(350円)も用意する。

 「試行錯誤しながらの豆の焙煎が形になったタイミングでオープンさせた。まだ勉強中だが、これからもっと深めていきたい。カフェとして周知されたら、コーヒー豆の販売にも力を入れていきたい」と重谷さん。

 「落ち着いたらコーヒー教室なども展開していきたい。コーヒーを好きになってもらえるお手伝いができれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は13時~18時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

山陽小野田・厚狭の「ロバのパン 山口本舗」直売店の店内。運営会社の「R&I食品」は2014年から商品の自社製造を始め、種類は大きく変えないが、生地に使う小麦粉の配合などを改良している。同社2代目で店長の谷口成二さんは「改善できる点を探し、新しい商品も考えていきたい」と意気込む。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング