見る・遊ぶ

山陽小野田のジムが「お肉買い取り企画」 体重1キロ減で500円進呈

トレーナーの渡邉さん自身もストイックなトレーニングに励む

トレーナーの渡邉さん自身もストイックなトレーニングに励む

  •  

 山陽小野田・厚狭のトレーニングジム「ASAトレーニングジム ZERO→1(ゼロワン)」(山陽小野田市鴨庄、TEL 0836-72-0322)が4月1日、新規会員に向けた企画「お肉買い取ります」を始めた。

約50種類のトレーニングマシンが並ぶ

 今年11月に15周年を迎える同ジムが実施する「15周年特別感謝祭」のメイン企画。15年前のオープニング時にも同様の企画を実施したが「当時は参加者数が伸び悩んだ。最近は健康意識が高い人が増えているし、以前よりも当ジムの認知度も上がった。多くの参加を期待したい」(脇本直美社長)と再挑戦する。

[広告]

 対象は同ジムの新規会員。実施期間を1~3カ月の間で設定し、体重・体脂肪のどちらで挑戦するかを選ぶ。初日と最終日に同ジムの体組成計で計測し、減量した体重は1キロにつき500円、体脂肪は1パーセントにつき500円で買い取る。

 同ジムは、ランニングマシンや筋肉トレーニングマシンなど約50種類の器具を完備。新規会員は「Plus+1(プラスワン)」のパーソナルトレーナー・渡邉尚道さんから初回指導(1,500円)を受けて目的や体の状態に応じたトレーニング方法を学び、その後は自分のペースで自由にトレーニングできる。

 渡邉さんは「大柄な方であれば1カ月5キロほどの減量なら、体に負担がない範囲の変化。期間内での減量を目指しながら結果が出る喜びやトレーニングのメリットを体感し、運動習慣を身に付けてほしい」とほほ笑む。

 脇本社長は「ダイエットを目的にトレーニングしている既存会員は7割ほど。この機会にゼロワンで減量を始めれば、戻ってきたお金を別の楽しみに使うことができる。当企画は私の気が済むまで継続する。ダイエットや肉体改造を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~22時(土曜は21時、日曜は15時まで)。水曜定休。登録手数料は5,000円。月額利用料は、フルタイム会員=6,500円、シルバー会員(65歳以上)=5,500円、学生(中・高校生)会員と、土曜・日曜会員=4,500円。3カ月以上の前納割引あり。