宇部にエステサロン「シュエット」 元看護師が開業、「予防美容」に特化

「一人一人の悩みにじっくり向き合いたい」と丸子さん

「一人一人の悩みにじっくり向き合いたい」と丸子さん

  •  

 宇部・際波と船木を結ぶ県道29号線沿いに5月6日、エステサロン「Chouette(シュエット)」(宇部市大字際波、TEL 0836-48-9185)がオープンした。

清潔感あるエステルーム

 同店を開いたのは、県内外で看護師として13年間働いた丸子直美さん。美容皮膚科に勤務しながら形成外科医が開発したスキンケアシステム「エンビロン」の認定資格を取得し、その研修で感じた「スキンケアの面白さ」がきっかけとなり、「エンビロンの実力や魅力を体感し、多くの人に広めたいと感じた。時間に余裕を持ってより近い距離感で一人一人の悩みに向き合いたい」と「予防美容」に特化した女性専用サロンを開業した。

[広告]

 店舗面積は16坪。空きテナントを改装し、待合室とエステルーム2室、パウダールームを設置。「女性が癒やされる空間づくり」を心掛け、店内は白を基調にした清潔感ある雰囲気に仕上げた。壁紙の一部などにイメージカラーの明るい緑色を配色する。

 エステメニューは、ビタミンAを配合するエンビロン製品でのフェーシャルトリートメント(40分6,000円~)をはじめ、「エステだけでなく、医療やスポーツの分野でも使われている」という高周波温熱機器「インディバ」でのフェーシャルコース(60分8,000円~)やボディコース(60分11,000円~)などで、コース価格も用意。店頭ではホームケア用品やサプリ、「DNA検査キット」などを販売する。

 メインターゲットは、エイジングケアを考え始める30代以上の女性。丸子さんは「世代を問わず美意識が高い人は多い。看護師として得た知識や技術を生かしてサービスを提供し、相談ごとには親身にアドバイスしたい」と意欲を見せる。

 営業時間は10時~19時(完全予約制)。水曜定休。

ピックアップ

ピックアップ