見る・遊ぶ

サッカーW杯開幕 宇部・山陽小野田各所で日本代表戦の観戦イベント

「銀天プラザ」で行われた前回大会(2014年)の観戦イベントの様子

「銀天プラザ」で行われた前回大会(2014年)の観戦イベントの様子

  •  

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会が開幕し、日本代表の初戦となる6月19日には宇部・山陽小野田各所で観戦イベントが行われる。

「知路留の舘」は大型テレビで放映する

 「銀天プラザ(わいわいぱぁ~く)」(宇部市中央町2)では、ステージの白い壁を大型スクリーン(縦3メートル、横4メートル)にして、パブリックビューイングを実施する。主催は、市内サッカーファンの有志による「ガンバレ日本!応援実行委員会」。

[広告]

 同実行委員会は1998年のフランス大会から同イベントを開き、今回同様に夜間に試合があった2010年(南アフリカ大会)には、4試合で計2400人を動員。来場者は中継に合わせて国歌斉唱したり、「ニッポンコール」で声援を送ったり、スタジアムさながらの盛り上がりを見せた。

 同実行委員会の藤重雅明さんは、小学校から高校までサッカー部に所属したサッカーファン。「今、日本代表が苦境に立っているからこそ、みんなで声援を送りたい。銀天プラザ周辺が4月に刷新されたことを知らない人も多いので、これを機にきれいになった中央街区公園の様子も体感してもらえれば」と来場を呼び掛ける。入場無料。雨天決行。問い合わせは藤重さん(TEL 090-7503-7370)まで。

 JR宇部新川駅近くの洋風居酒屋「知路留の舘」(中央町1、TEL 0836-31-6246)は、店内のテレビモニター2台で試合を放映する。飲食しながら観戦でき、W杯開催期間中は市内パン店「カトルセゾン」(中央町2)とコラボした記念メニュー「チョリパン」(580円)も用意する。チャージ料は1,000円(ワンドリンク、おつまみ付き)。夜の営業時間は17時30分~24時。

 同駅近くのスポーツバー「長州スタジアム」(松島町、TEL 0836-21-0895)では、店主の永谷文孝さんやスタッフが拡声器と太鼓で盛り上げながら、100インチの大スクリーンで試合を放映する。来場者に向けた当日限定企画も実施予定。19時30分開店。

 山陽小野田の「コミュニティカフェ&リカーショップ wakayama」(山陽小野田市港町、TEL 0836-83-6761)も、来店客から多くの要望を受けて観戦イベントを開く。試合は白い壁をスクリーンにして放映し、軽食やドリンクも用意する。チャージ料は500円。定員30人。20時30分開店。

 初戦のコロンビア戦は21時キックオフ。銀天プラザ、長州スタジアムは、6月24日(セネガル戦)、28日(ポーランド戦)の日本代表戦も観戦イベントを実施する。