食べる

おのだサンパークで「アイスクリーム博覧会」 世界のご当地アイス一堂に

イギリス生まれの「わたあめソフト」

イギリス生まれの「わたあめソフト」

  •  

 おのだサンパーク(山陽小野田市中川6、TEL 0836-83-1389)で7月13日、「アイスクリーム博覧会」が始まった。

ケーキのようなかき氷「グラス」

 海外のアイスと日本各地のご当地アイス100種類以上を一堂に集めた同イベント。同施設での開催は今回が初めて。

[広告]

 海外のアイスは、イギリスの「わたあめソフト」、ドイツの「スパゲティアイス」、韓国の定番デザート「パッピンス」、フィリピンのアイスデザート「ハロハロ」、日本に唯一在住する正式なトルコアイス職人というギュネイさんがその場で練り上げる「ドンドルマ」など。

 日本のご当地アイスは、「ろまん亭」(千葉県鎌ケ谷市)のケーキのようなかき氷「グラス」、「SWEET BOX」(福岡県芦屋町)の「プレミアムプリンソフトクリーム」など。

 会場内の「カップアイスミュージアム」のコーナーには、北海道の「夕張メロンアイス」、秋田の「ババヘラアイス」、岩手の「焼きそばアイス」、静岡の「うなぎアイス」、沖縄の「海ぶどうアイス」「ブルーシール」など日本各地のカップアイスを70種類以上そろえる。

 同イベントの企画・プロデュースを手掛ける「ご当地グルメ研究会」(東京都台東区)の松本学社長は「今回は、幅広い年齢層のお客さまに楽しんでもらえるアイスを選んだ。ケーキのようなかき氷や盆栽アイスなど、写真映えするアイスもある。世界のご当地アイスを食べ比べる機会はあまりないと思うので、ぜひ食べ比べてもらいたい」と話す。

 「おのだサンパーク」営業部の土井升太さんは「約1年前から準備してきたイベントで、天候の心配もあったが梅雨も明けて、平日にも関わらず初日から好調な滑り出し。この3連休は暑くなりそうなので多くの方にご来場いただき、楽しんでもらいたい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~19時(最終日は17時まで)。7月17日まで。

ピックアップ

ピックアップ