特注鉄板であの味を再現-だしで食べる異色のお好み焼きも

厚さ25ミリの特注鉄板でこだわりの味を再現

厚さ25ミリの特注鉄板でこだわりの味を再現

  • 0

  •  

 山口・中市商店街アーケードに3月17日、お好み焼きと鉄板焼きの店「お好み焼きdomani(ドマーニ)」(山口市中市町、TEL 083-924-2577)がオープンした。

 隣接する喫茶店「ドマーニ」を経営する村井了代表が新規出店したもので、特注品という厚さ25ミリの分厚い鉄板を売りに、表面はパリッ、中はふんわりと焼ける鉄板メニューを展開。村井代表が小学生時代から通い詰めた、今は無きお好み焼きの名店「しず」(山口市東山)の味を復活させたいという思いが、このたびの出店動機という。店舗面積は12坪。女性でも気兼ねなく入れるシックでおしゃれな造りになっており、カウンターとテーブル、小部屋の合わせて22席を備える。

[広告]

 提供するお好み焼きは、「ぶた玉」(735円)や麺入りの「モダン」(840円)といったオーソドックスなものから、天つゆに似た和風だしでいただく異色メニュー「ドマーニ特選、大将・天・王SP」(840円)、たっぷりの山芋を乗せて和風ソースをかける変わり種「マンハッタンSP」(1,050円)など、合わせて十数種類。トッピングも豊富で、自分流のアレンジを楽しむことができる。あくまでもメーンはお好み焼きだが、素材本来の味を楽しめる鉄板焼きや、ドリンクメニューも充実している。想定客単価は夜で1,000円~1,500円。

 村井代表は「長年温めてきた思いを、ここにきてやっと実現できた。しずばあちゃんに教わったお好み焼きをベースに、どこにも負けない味を追求したい」と話している。

 営業時間は昼=11時~15時、夜=17時~23時。

カフェがお好み焼き屋を出店-あの味を復活! 破天荒な店主がこだわりの店(山口経済新聞)(©マルニ)

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース