暮らす・働く

宇部にドライヘッドスパサロン「インナーピース」 元銀行員女性、セラピストに転身

元銀行員のAIKOさんは「新たな挑戦だが、喜びや楽しみが大きい」とほほ笑む

元銀行員のAIKOさんは「新たな挑戦だが、喜びや楽しみが大きい」とほほ笑む

  •  
  •  

 ドライヘッドスパサロン「INNER PEACE(インナーピース)」(TEL 070-7470-4775)が1月12日、宇部・恩田運動公園(恩田町4)近くの住宅街にオープンした。

店内はゆったり過ごせる雰囲気

 女性専用の完全予約制で、毎週土曜のみ営業する「隠れ家サロン」。水やオイルを使わず施術する「ドライヘッドスパ」をメインに、顔や体にアプローチするリンパケアメニューも用意する。店舗は店主自宅の一室で、白や茶色で統一した6畳の洋室。

[広告]

 店主のAIKOさんは広島で銀行員を10年ほど務めたが、2016年4月、夫の転職を機に退職して宇部へ移住。銀行員時代にマッサージで癒やしを得た経験などから「女性がホッと一息つける場所をつくりたい」とセラピストの道を目指し、開業に向けて資格を取得した。

 「忙しい女性が、できるだけ短い時間でリラックスできるように」との思いから、服の着脱や洗髪などが必要ないドライヘッドスパをメインに据えた。「スマホの使用で眼精疲労を感じる人、デスクワークの人にも喜ばれるはず」と需要の高まりも感じているという。

 ドライヘッドスパは、単体の30分(3,000円)、手か足のリンパケアと組み合わせた60分(6,000円)、さらに首や肩周辺のケアが付く80分(8,000円)のメニューを提供。天然オイルで施術する「フェイシャル」(60分6,000円~)、全身を施術する「スペシャルコース」(120分1万2,000円)なども用意する。

 AIKOさんは「ビジネスパーソン、妻、母など、さまざまな立場を担って頑張る女性は多い。当店ではリラックスできる、自分だけの特別な時間を味わってほしい」とほほ笑む。開店前には男性から「女性だけなのか」との残念がる反応もあり、「イベント出店などで男性客の要望にも応えられれば」とも。

 営業時間は10時~17時(最終受付15時)。3月末まではプレオープンと位置付け、記録用の写真撮影とアンケート記入が条件の「モニター利用」(全メニュー3割引き)を受け付ける。予約はホームページとLINEから。

  • はてなブックマークに追加