見る・遊ぶ

レノファ山口、ホームで鹿児島と対戦へ 下位直接対決の「裏天王山」

「県立おのだサッカー交流公園」で練習に励むレノファの選手たち

「県立おのだサッカー交流公園」で練習に励むレノファの選手たち

  •  
  •  

 サッカーJ2のレノファ山口FCが4月14日、ホームスタジアム「維新みらいふスタジアム」(山口市維新公園4)で鹿児島ユナイテッドFCと対戦する。

前節・長崎戦でゴールを決めた高井和馬選手

 レノファは前節、アウェーで元J1のV・ファーレン長崎と対戦し、終了間際に追いつかれて2-2の引き分けに終わった。レノファの得点数はリーグ2位タイの14得点だが、失点数もリーグ1位の18失点と多く、現在は5試合勝ちなしで順位は21位。

[広告]

 今節は、鹿児島とのリーグ戦初の「薩長ダービー」。鹿児島は今季J2デビューしたクラブで開幕戦こそ勝利したが、その後7試合勝ちなしで最下位(22位)に沈み、「攻撃的なサッカー」を掲げながらもここ6試合は無得点で苦しんでいる。

 レノファは今季、まだホームで勝利していない。三幸秀稔主将は「ホームで勝ちたいじゃなくて、勝たなきゃいけない」と語気を強め、「チャンスは相手より多くつくれているので、点を取れるときに仕留めて、もっと堅く守備をすることが大事。やっていることは間違っていないと思うので、良いサッカーをしていることを早く結果で証明したい」と話す。

 霜田正浩監督は、鹿児島の印象を「リスクを掛けてでも攻撃しにくるようなサッカー」と評し、「僕らもそういうサッカーを目指しているので、攻め合いになると思う。絶対にホームで勝ちたいと思っているので、たくさんの人に見に来てもらいたい」と呼び掛ける。

 当日は、ホーム戦恒例の企画をはじめ、レノファのアプリを使う「特産品が当たる抽選会」、9店舗がカレーを提供する「カレーフェス」などを開き、ペイントアーティストKATAYAMA YUKIさん、宇部出身のウオーターアートパフォーマー堀川玄太さんはライブパフォーマンスを披露する。選手入場時には、薩長ダービーを盛り上げる「コレオグラフィー」も行う。

 イベント開催時間は12時~(ブースや企画によって開催時間は異なる)。16時キックオフ。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ