食べる

山口・小郡にイタリアン酒場「ヴォルペ」 昼のカフェ店が夜はイタリアンに

同店シェフの荒川祥雲さん(左)、カフェ店主の橋本亮太さん

同店シェフの荒川祥雲さん(左)、カフェ店主の橋本亮太さん

  • 4

  •  

 イタリアン酒場「volpe(ヴォルペ)」(山口市小郡高砂町、TEL 083-929-3903)が2月7日、山口・小郡にオープンした。

同店が提供するパスタ

[広告]

 昨年6月にオープンしたカフェ「syy.(シードット)」と同じ店舗で、同カフェの営業が終了した18時から「体に優しい本格イタリアン料理」を提供する。シェフを務めるのは、大分県出身で福岡などのイタリアンの店で経験を積んだ荒川祥雲(なぐも)さん。

 同カフェ店主の橋本亮太さんは「夜に楽しめるイタリアンが少ないと感じた。駅近という立地も生かし、本格的ながらも気軽に楽しめるカジュアルなイタリアンの店が作れたらと思っていた時に荒川さんと出会い、声をかけた」と話す。

 メニューは、「鶏肉と香味野菜のトマトソースパスタ」(1,100円)、「レモンと山椒香るしらすのペペロンチーノ」(1,250円)などのほか、「香草バターのチキンソテー」(1,150円)、「牛サガリのステーキ」(1,550円)などの肉料理、「マルゲリータ」(980円)、「クワトロフォロマッジ」(1,250円)などのピザを提供する。

 このほか、「パンナコッタ」(300円)や「クリームブリュレ」(500円)などのドルチェ、一品料理は「フライドポテト」(400円)、「タイの和風カルパッチョ」(980円)、「和牛のたたき」(1,550円)など。ドリンク類は、ビールやウイスキー、ワイン、ジン、サワー、カクテル、ソフトドリンクなどをそろえる。

 荒川さんは「地元の農家や生産者と連携し、地元食材を中心に使った料理を提供する。農家さんや生産者さんの思いやおいしさの背景を、料理を通して伝えたい。心と体を満たす時間を過ごしてほしい」と笑顔を見せる。

 営業時間は18時~22時。日曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース