山口のロールケーキ「てしたまごロール」、パッケージデザイン大賞入選

「てしたまごロール」のパッケージ

「てしたまごロール」のパッケージ

  •  

 卵専門店「てしたまご」(山口市阿知須、TEL 0836-66-2570)と洋菓子店「ププレ」(朝田、TEL 083-925-5445)で販売しているロールケーキ「てしたまごロール」が、「日本パッケージデザイン大賞2009」で入選したことが分かった。

 同コンテストは、日本パッケージデザイン協会(東京都文京区)主催で行っている、質の高いパッケージデザインを評価するコンテスト。昨年12月に審査が行われ、応募総数1,191点の中から入選407点(そのうち入賞37点)を決定した。入賞・入選作品は、今年6月発行予定の「年鑑日本のパッケージデザイン2009」に掲載される。

[広告]

 「てしたまごロール」のパッケージは、卵パックに使われる「モールドパック」の素材を使用したボコボコした手触りが特徴のパッケージ。幅24センチ×奥行き12センチ×高さ9センチの箱形で、中にロールケーキを入れて、ふたで覆うようになっている。ロールケーキは、卵餡の周りを生クリームで包みスポンジでくるんだロールケーキで、断面が卵のように見えるのが特徴。価格は1,300円。

 同商品は、卵専門店の「てしたまご」が取り扱っているこだわり卵を素材に、洋菓子店「ププレ」が製造している。パッケージも重視し、磯部司デザイン事務所(宮野下)がデザインを手がけ、異業種3者がコラボレーションして作り上げた。

 「てしたまご」の営業時間は10時~18時、水曜定休。「ププレ」の営業時間は10時~19時、月曜定休。販売は両店のみ。