ホームページで「ゲンジボタル発生日報」-山口ふるさと伝承総合センター

ホタルの発光数は岡田さんが一人でカウントしており、基本的に毎日更新するという

ホタルの発光数は岡田さんが一人でカウントしており、基本的に毎日更新するという

  • 0

  •  

 山口ふるさと伝承総合センター(山口市下竪小路、TEL 083-928-3333)のホームページで5月8日から、「一の坂川・ゲンジボタルの発生日報」の掲載が始まった。

 ホタルの飼育・放流を行う「大殿ホタルを守る会」の岡田勝栄さんが、山口中心市街地を流れる一の坂川を上流に向かって約3キロ歩き、光ったホタルの数をカウントし、ホームページ内の表を毎日更新する。

[広告]

 今年は、今月6日に初めてホタルの成虫を確認し、12日現在の発光数は35となっている。現在、山口中央郵便局そばの「えびす橋」から商店街の「安部橋」までの区間にホタルが多く発生しているという。20時ごろから光り始め、20時30分~21時ごろが見ごろになるという。

 岡田さんは「過去12年分のデータや今日までの経過から推測すると、今月30日がピークの最初で、それから1週間くらいが見ごろでは」と話す。昨年のピークは6月6日で、1,371をカウントした。

 今月30日には一の坂川で「ほたる祭り」が開催され、同日より6月7日までは「ほたる観賞Week!」として、期間中の土曜・日曜に近隣駐車場を夜間開放する。(©マルニ)

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース