天気予報

22

12

みん経トピックス

宇部まつりでB級グルメ大会山口で「キモノジャック」

山陽小野田の豪雨災害、チャリティーCD発売へ-ツイッターがきっかけに

山陽小野田の豪雨災害、チャリティーCD発売へ-ツイッターがきっかけに

豪雨災害チャリティーCD「あの夏の川のうた」

写真を拡大 地図を拡大

 山陽小野田市在住のミュージシャン・小夏鮎さんが10月25日、豪雨災害チャリティーCD「あの夏の川のうた」を発売した。

 山陽小野田・厚狭地区は7月15日の豪雨で厚狭川がはんらん。商店街が浸水するなど多くの被害を出した。

 小夏さんは「微力かもしれないが、少しでも貢献できれば」と8月末に曲を作った。小夏さんが自身のホームページ上に公開しツイッターで試聴を呼びかけたところ、小夏さんの思いに賛同するミュージシャンがひとり、ふたりと増えた。最終的には6人のミュージシャンが参加してCDを制作した。

 CDの価格は、シングル=500円、ミニアルバム=1,000円。CD制作実費を除いた額を豪雨災害への義援金に充てる。「もりなが松蔭堂」(山陽小野田市厚狭)で扱うほか、ホームページで通信販売も行っている。「少量でも構わないので店頭のCD設置販売に協力してもらえるところを募集したい」と小夏さん。「自分のライブ活動でこの曲を歌っていくが、サークルやグループなどでも歌ってもらえれば」とも。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇部の「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」に植栽されたバオバブの木。約7メートル、重さ4.5トン。西畠さんが自ら探し出し、アフリカ・セネガルから直接輸送した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング