天気予報

13

5

みん経トピックス

宇部のカフェが5周年山口のピクルス店2号店

宇部ときわ公園で今年も「梅まつり」 30種以上の梅酒試飲・即売会も

宇部ときわ公園で今年も「梅まつり」 30種以上の梅酒試飲・即売会も

白やピンクの梅が開花している梅園の様子(2月7日撮影)

写真を拡大 地図を拡大

 梅の花が見頃を迎えている宇部ときわ公園(宇部市則貞3)で2月19日、恒例の「梅まつり」が開かれる。

赤く色づいた蕾も開花間近

 園内の湖水ホール近くの梅園の周知を目的に始まり、今年で5回目の開催となる同イベント。梅園に植栽された4品種約100種類の梅は、昨年より1週間早い1月上旬に開花を始め、現在見頃のピークを迎えている。

 「2月末までは見頃。遅咲きの梅は3月上旬まで楽しめそう」と同園管理課の川口修平さん。同日から園全体でイベントを展開する「梅見頃キャンペーン」が始まる。

 当日は、山口県産の梅酒など30種類以上を用意する試飲・即売会「梅酒フェスタ」(試飲チケット500円)をはじめ、梅園を回る「クイズラリー」、同ホールや常盤湖周辺を楽しむ「梅まつりウォーキング」などを実施。

 湖水ホール内のハワイアンカフェ「レオラ」が豚汁、鶏肉の炭火焼き、ぜんざいなどを提供する「屋台」も登場するほか、「ときわミュージアム」や「石炭記念館」などの園内施設でもクイズや展示、体験コーナーでイベントを盛り上げる。

 川口さんは「平日でも福祉施設の方が散歩に来たり、市内の幼稚園児が昼食を食べに来たりと梅園の認知の広がりを感じている。梅まつりは例年来場者が増え、昨年は約5000人が訪れた。季節の移り変わりが感じられるイベントの一つとしてメジャーにしていきたい」と意気込む。

 開催時間は10時~15時。入場無料。詳細は同園ホームページで確認できる。梅見頃キャンペーンは3月5日まで。問い合わせはときわ公園まつり実行委員会事務局(TEL 0836-54-0551)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇部・中央の居酒屋「中村屋」の外観。同店の店主は、市内「繁光鮮魚店」(新天町)に12年間勤めた中村信治さん。「山口の肴(さかな)」をコンセプトにし、その日に仕入れた旬の魚をメインに提供する。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング