買う 学ぶ・知る

宇部でチャリティー浴衣着付け会-花火大会に合わせ義援金募る

着付け講師・深井さんが手がける浴衣着付け

着付け講師・深井さんが手がける浴衣着付け

  •  
  •  

 宇部市花火大会が行われる7月28日、ヒストリア宇部(宇部市新天町1)で「ゆかたチャリティー着付け会」が行われる。主催は「KIMONO浪漫ときわ着付教室宇部校」。

 東日本大震災の被災地復興を願い、同教室代表の着付け講師・深井登美子さんが発起人となり昨年から行う同取り組み。浴衣の着付けを1人500円の募金で受け付け、被災地への義援金として日本赤十字社を通して全額を寄付する。

[広告]

 当日は、浴衣やげたのほかにタオルやだて締めなど一式を持参する。ストールや好きな小物などを持参すれば「かわいくアレンジする」(深井さん)ほか、オプションとして別途1口(500円)でヘアアレンジも手掛ける。

 「昨年は男性の方や年配の方など幅広い方にご来場いただいた。小さなことかもしれないが、被災地支援には継続が必要と今年も開催を決めた」と深井さん。「無料で着付けをしているところもあるかもしれないが、趣旨に賛同いただき、一人でも多くの方にご利用いただければ」とも。

 開催時間は15時~、16時~、17時~、18時~、19時~。持参するものなどは深井さんのブログで確認できる。問い合わせは深井さん(TEL 090-2298-8069)まで。

  • はてなブックマークに追加