山陽小野田の顔そり専門店「カオカオ」が移転-「働くママ」3周年を機に

「女性の癒しの場になれば」と藤川さん

「女性の癒しの場になれば」と藤川さん

  •  
  •  

 山陽小野田の顔そり専門店「お顔そりエステの隠れ家 caocao(カオカオ)」(山陽小野田市セメント町9、TEL 090-8996-1646)が2月1日、移転オープンした。

敏感肌の人にも対応する

 シェービングを専門に行い、3月3日に3周年を迎えた同店。これまで、同店店主で理容師の藤川藍さんが、母や夫と営む同エリアの理容院「へあーさろん ぱんち」(小野田)内の個室で営業してきたが、3年を機に独立し店舗を構えた。

[広告]

 店舗面積は約7坪。店内は、「癒やしの空間」をコンセプトにアットホームな雰囲気を演出。施術室にはヘアセット台1台とベッド1台を備え、一度に1人のみ施術する。

 メニューは、シェービングのほかエステメニューも用意。顔そりや眉カット、マッサージにそれぞれ「パック付き」「うなじそり付き」「お肌の整え(リラックス)」「敏感肌」の4タイプから選べる「3,000円メニュー」やエステ(2,000円~)などのほか、結婚式を控える女性を対象に、必要な部位や予算に応じて対応するブライダルシェービング(8,000円~)も行う。

 7年ほど前から女性をメーンにした現在のスタイルで顔そりを始め、自身が手掛けた利用客が1000人になった際にニックネームとして店名を付けたという藤川さん。これまでに、婚礼を控える女性230人以上を施術した経験も持つ。利用客は20代~50代の女性がメーン。

 「お客さま一人ひとりに合ったかみそりやシェービングソープを使い、敏感肌の人にも対応する。顔そりになじみのない方が多いようだが、顔色も明るくなり古い角質も落とすことができるので魅力を知ってもらいたい」と藤川さん。

 「私自身が2児の子をもつ『ワーキングママ』なので、女性目線・主婦目線・母目線で要望に応えていけたら。スキルを上げながら新たなメニュー展開も考えていきたい。外部講師を招いたイベントなどもできれば」とも。

 営業時間は10時~19時(前日までの予約で時間外にも対応する)。日曜・月曜定休。

  • はてなブックマークに追加