見る・遊ぶ

山口・YCAMで夏恒例「爆音映画祭」 大音響で上映、出演者ライブや監督来場も

昨年の「爆音映画祭」音楽ライブの様子(撮影=萱野孝幸、写真提供=山口情報芸術センター)

昨年の「爆音映画祭」音楽ライブの様子(撮影=萱野孝幸、写真提供=山口情報芸術センター)

  •  
  •  

 山口情報芸術センター(YCAM=山口市中園町、TEL 083-901-2222)で8月24日~27日、「YCAM爆音映画祭2017」が開催される。

 同館の高精度な音楽ライブ用の音響設備を使用し、大音響で映画を上映する夏の恒例イベント。今年で5回目を迎え、昨年は約1500人を動員。土曜・日曜を中心に4日間で11作品を上映する。

[広告]

 オープニング作品は、美術家と音楽家が共同制作した映像オペラ作品「RIVER OF FUNDAMENT」(2014年、米国)。

 目玉作品として、井の頭公園を舞台に橋本愛さんや永野芽郁さん、染谷将太さんら若手俳優が出演する「PARKSパークス」(2017年、日本)を上映。上映後には、音楽監督を務めたトクマルシューゴさんや井手健介さん、Alfred Beach Sandalによる音楽ライブを開く。

 そのほか、「PARKSパークス」の瀬田なつき監督と、上映作品「密使と番人」(2017年、日本)の三宅唱監督が来場し、上映後にトークショーも予定する。

 同館広報担当の岡崎里美さんは「今年は作品を見るだけではなく、トークショーで監督から作品の秘話も聞けることが魅力。大音響のシーンは、音の振動があるほどの迫力。五感で楽しんでもらい、それぞれの作品の『音の核心』も感じてもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 入場料は1回券=1,500円(前売りは1,300円)。上映スケジュールや特別料金などは、同館ホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加