天気予報

22

15

みん経トピックス

文化センター

中原中也110周年記念展山口対群馬、J2裏天王山

山口・YCAMに染谷将太さん 監督作品「ブランク」、舞台あいさつで

山口・YCAMに染谷将太さん 監督作品「ブランク」、舞台あいさつで

上映前に舞台あいさつする染谷将太さん

写真を拡大 地図を拡大

 山口情報芸術センター(YCAM=山口市中園町、TEL 083-901-2222)で8月11日、同館を舞台にした映画「ブランク」が初公開され、俳優で映画監督の染谷将太さんが舞台あいさつに登場した。

夜風に当たりながらの「真夏の夜の星空上映会」

 同映画は、同館が展開する映画製作プロジェクト「YCAM Film Factory」とコラボして製作した26分の短編作品。昨夏、同館や山口市内のほか、秋吉台(美祢市)、角島大橋(下関市)で6日間にわたって撮影を行った。

 作品は「山口を舞台に、ある施設の警備員の不可思議な1日をめぐる、虚構と現実が交差した奇妙な物語」で、染谷さんと山本剛史さんが出演している。

 舞台あいさつで染谷さんは「今日を迎えられてうれしい。台本がない段階で山口に来て、秋吉台や角島大橋のロケハンをした。もともと知っている名所だったので、ここで何か作りたいと感じたことを覚えている」と話した。

 作品については、「『ブランク』は空間や空白という意味。まさにこの建物の中で起こっていると思いながら、それぞれの空間や気持ちを埋めながら見てもらえれば」と紹介し、「またこの場所に帰ってきたい」と笑顔を見せた。

 当日は、屋外上映イベント「真夏の夜の星空上映会」として、これまでに染谷さんが監督した作品「シミラー バッド ディファレント」「清澄」も上映。480人が来場(主催者発表)し、芝生の上で夜風に当たりながら鑑賞した。

 同映画は、今月12日から9月3日まで同館で行われる体験型展示イベント「ブランクVR」でメーキング映像が紹介されるほか、本編をリピート上映する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

みそラーメン専門店「みそ膳」。店内にカウンターとテーブル席、掘りごたつ席を設け、親子連れの来店も視野に入れる
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング