天気予報

12

4

みん経トピックス

宇部の商店街でパンマルシェ山口大学工学部で学園祭

山口の小料理店「そう旬」が1周年 和食職人が「全て手作り」

山口の小料理店「そう旬」が1周年 和食職人が「全て手作り」

「いつもうまい酒と肴を提供したい」と本郷さん

写真を拡大 地図を拡大

 山口・道場門前の小料理店「厨人(くりやびと)そう旬」(山口市道場門前2、TEL 083-924-5188)が11月1日、1周年を迎えた。

旬の料理が楽しめる落ち着いた店内

 「地酒と旬の食材の肴(さかな)」をコンセプトに、昨秋オープンした同店。14坪の店内にカウンター5席、テーブル8席、座敷の個室4席を設ける。

 店主は和食職人歴25年の本郷聰さん。埼玉・越谷出身の本郷さんは、東京都内や京都・祇園の料亭などで修業し、15年前に山口市にIターン。市内の和食店や居酒屋で経験を積み、独立開業した。

 「全て手作り」をモットーに、だしや干物も手作り。旬の魚や野菜を使って創作和食を提供する。

 料理は、今の季節には「広島カキ燻製(くんせい)」(780円)や「あんこう唐揚げ」(800円)、「煮穴子のかぶら蒸し」(980円)、「季節野菜の炊きあわせ」(780円)などを用意。定番メニューでは「すっぽん鍋」や「ねぎま鍋」(1,200円)も1人前から提供する。

 地酒は県内の銘柄をそろえるほか、埼玉や和歌山・石川・山形など各地から約50種類をそろえる。本郷さんがコレクションする猪口(ちょこ)から好きなものを選び、楽しむことができる。客単価は5,000~5,500円。

 これまでの1年間について、「ほぼ口コミで時間をかけて知っていただいてきた。客層は40代が中心で、ありがたいことに9割がリピーター。女性グループや出張中のビジネスマンの利用も目立つ」と本郷さん。

 「山口に移り住んだ時から『この地で自分の店を持つ』と決めていた。今はまだ1年という気持ち。お客さまとも食材とも一期一会。小さいながらも長く続くような、愛される店にしていきたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時30分~23時(土曜・日曜・祝日は22時30分まで)。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

市原隼人さんが舞台あいさつで来宇し、渡辺一志監督と撮影エピソードなどを和やかに話した。市原さんは握手を求める来場者にも笑顔で対応。来場者は「想像以上に小顔で驚いた」「楽しかった」「宇部市民でよかった」と大興奮の様子だった。山口県で先行上映する劇場は「宇部シネマ・スクエア7」のみ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング