天気予報

12

4

みん経トピックス

山陽小野田でJK考案弁当山口で図書館発地域情報誌

山口にコーヒー豆専門店「ニシダコーヒー」 フルオーダーの焙煎売りに

山口にコーヒー豆専門店「ニシダコーヒー」 フルオーダーの焙煎売りに

「ブレークタイムに自分が焙煎したコーヒーがあることがうれしい」と西田さん

写真を拡大 地図を拡大

 山口・湯田温泉の住宅街に自家焙煎(ばいせん)のコーヒー豆専門店「NISHIDA COFFEE(ニシダコーヒー)」(山口市湯田温泉5、TEL 080-4487-7054)がオープンして1カ月がたった。

住宅街にオープンした「ニシダコーヒー」外観

 店主の西田幸誠さんが利用客の好みの味わいに応じて焙煎(ばいせん)する「フルオーダー焙煎」を提供。築約50年の民家をリノベーションした自宅兼店舗で、1階を受け渡し窓口にして営業する。

 西田さんは京都出身ながら、小学校・中学校の時期を山口で暮らしたこともあり、2014年に京都から山口に生活拠点を移した。これまで建設業に携わりながら、コーヒー愛好家として自家焙煎を趣味にしてきた。「自分が本当に好きなコーヒーの味に出合うのは実は難しい。そこで、フルオーダーの焙煎を思い付いた」と出店のきっかけを振り返る。

 店頭では、深煎(い)りのオリジナル「ニシダブレンド」(100グラム、650円)を基準に、利用客一人一人のカウンセリングシートを設け、酸味や苦み、味わいの濃さをヒアリング。注文を受けてから豆を焙煎し、1時間~半日後に受け渡す。価格は100グラム800円~。

 オープン後は近隣住民のほか、インスタグラムやフェイスブックでの拡散を通じての来店があり「焙煎は毎日行っている。予想以上の忙しさでうれしい」と西田さん。

 「好きなことが仕事になった今、不安もあるがわくわくする気持ちの方が大きい。1~2年後にはカフェの業態も始めたい。湯田には昼間にコーヒーが飲める店が多くないので、一息つける場所を提供していきたい。若い力で地域も盛り上げていきたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は8時~18時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

市原隼人さんが舞台あいさつで来宇し、渡辺一志監督と撮影エピソードなどを和やかに話した。市原さんは握手を求める来場者にも笑顔で対応。来場者は「想像以上に小顔で驚いた」「楽しかった」「宇部市民でよかった」と大興奮の様子だった。山口県で先行上映する劇場は「宇部シネマ・スクエア7」のみ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング