天気予報

27

17

みん経トピックス

PR

宇部でBBQリレーマラソンレノファ、次節は東京V戦

国際ホテル宇部の和食店「吉長」が刷新 カジュアル利用を促進

国際ホテル宇部の和食店「吉長」が刷新 カジュアル利用を促進

刷新した国際ホテル宇部の「吉長」

写真を拡大 地図を拡大

 国際ホテル宇部(宇部市島1、TEL 0836-32-2323)の日本料理店「吉長(よしちょう)」が4月29日、リニューアルオープンした。

カジュアルに利用できる「吉長」店内

 今回の刷新は、同ホテルが進めてきた施設改編の一環。店舗面積を約2倍の120坪に拡充し、4カ月ほどかけて全面改装。利用シーンの幅を広げることをコンセプトに、利便性の向上と客層の拡大を狙う。

 店内は、蔵をモチーフにした和の雰囲気にリニューアル。席数は、4人用の個室4室、8人用の個室4室を備えるほか、新たな試みとしてオープンスペースのテーブル席26席を設け、20人以上の宴会にも対応できるようにした。

 メニューは、コース料理をメインに地元産の食材を使った季節料理を提供。ランチタイムには1,620円や2,160円のコースを用意し、ディナータイムには「晩酌セット」(1,296円)から鍋、魚・肉の一品料理、会席料理(6,480円~2万1,600円)まで用意。地酒やデザートメニューにも力を入れる。

 同ホテルの阿部正和支配人は「これまで接待やお祝いや法要の席などでの利用が多く、敷居が高いイメージだったが、これまでの利用シーンも大切にしながらも、カジュアルに利用いただけるようにした」と話す。

 「客室、鉄板焼き店、レストランと数年がかりで取り組んできた館内施設の改装も今回で区切り。新しくなった当ホテルをより多くの方に利用いただき、ニーズに応えながらお客さまに寄り添っていきたい」とも。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時30分~22時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

山口の和菓子店「豆子郎 大内館店」は、「地域貢献」をコンセプトに運営する。販売スペースはシンプルにし、地域の文化や行事などへの参画に重きを置く
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング