天気予報

33

26

みん経トピックス

レノファ山口、ホーム初戦へレノファ山口、ホーム開幕戦

国際ホテル宇部のレストラン「カメリア」刷新 拡充で若者層取り込む

  • 0
国際ホテル宇部のレストラン「カメリア」刷新 拡充で若者層取り込む

ホテル内で移転刷新した「カメリア」店内

写真を拡大 地図を拡大

 国際ホテル宇部(宇部市島1、TEL 0836-32-2323)内のレストラン「創作ダイニング カメリア」が3月1日、リニューアルオープンした。

メインのスキレットパン料理

 今回の刷新は、同ホテルの施設改編の一環。別棟1階で披露宴会場として利用してきた「アン・セット・イル」を改装し、同ホテル1階の路面沿いで営業してきた同店を移転。コンセプトを一新して拡充した。

 店舗面積は14坪。席数は54席。メインメニューには、フライパンで提供する「スキレットパン料理」を据えるほか、アプローチが弱かった平日のディナータイムに一品料理を充実させ、バル利用も見込む。

 リニューアルについて「宿泊者やシルバー世代の利用が主だったが、刷新することでイメージも雰囲気も大幅に変えた。20~30代の若者層や家族連れの来店を促したい」と同ホテルの阿部正和支配人。

 ランチタイムは、スキレットで提供する「焼きビーフカレー」や「シーフードドリア」「オムレットナポリタン」を用意するほか、「パスタランチ」(以上1,404円)や肉・魚料理がのる「週替わりランチ」(1,512円)などを提供する。

 ディナータイムには単品メニュー約50種類を用意。「長州鶏もも肉のコンフィ」(810円)や「牛バラ肉の赤ワイン煮」(1,728円)、「白身魚とレモンのシチリア風」(972円)など。客単価はランチタイム=1,500円、ディナータイム=4,000円前後を見込む。

 「調理工程やオペレーションを見直すなどして、移転前と同じ価格ながらも内容のグレードアップが可能になった。落ち着いたら、テラスを使った営業も視野に入れたい」と阿部支配人。「ホテルながらも、地元の方に気軽に来店していただきやすいようにしたい」と話す。

 営業時間は11時30分~22時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

医療・福祉複合施設「FITタウン」内のカフェ「カフェ・ド・オーラ」。毎日店内で焼く自家製パンを提供する。人気なのは、軽い口当たりの食パン「ホテルブレッド」(300円)と、湯だね生地で作る小麦の香りが特徴の「麦穂のかがやき」(280円)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング