見る・遊ぶ

マツダ美祢自動車試験場で「ママチャリ耐久レース」初開催へ 一般参加募る

マツダ美祢自動車試験場のテストコース

マツダ美祢自動車試験場のテストコース

  •  
  •  

 自転車レース「ママチャリグランプリ in MINE」が5月19日、マツダ美祢自動車試験場(旧MINEサーキット、美祢市西厚保町原)で初開催される。主催は「美祢市サイクルスポーツ推進協議会」。

岡山国際サーキットで開かれた自転車耐久レースの様子

 通常は一般開放していないマツダ社テストコース(一周3.33キロメートル)で行う、チーム対抗4時間耐久レース。チーム構成は2~10人。使用車種は車輪27インチ以下で無改造の買い物用自転車(通称ママチャリ)で、年齢や性別を問わず参加できる。

[広告]

 同会場ではこれまで、「美祢市駅伝競走大会」やクラシックカーの走行・展示イベントが開かれたことがあるが、自転車イベントは初めて。事務局(美祢市観光商工部観光振興課)の佐々木靖司さんは「マツダ社の協力あって実現に至った。壮大なサーキットを自転車で走れる貴重な機会」と喜ぶ。

 当日は、変速機付きでギア8段以下の「ママチャリクラス」と、変速機が付いていない「無段クラス」の2クラスでレースを実施。車検を受けた後、10時からレースを開始。会場には地元グルメの販売ブースを設け、各クラス1位~3位には地元特産物を贈呈するなど、参加者に美祢の魅力を発信する。

 佐々木さんは「いつも買い物や通学、通勤に使う自転車を持参して、誰でも気軽に参加できる。特別感ある会場で仲間と交流しながら、ほのぼのとした一日を過ごしてほしい。自転車のよさを再認識する機会にもなれば」と話す。

 参加費は1チーム2万円。参加には、インターネット上の特設ページからのエントリーと誓約書の送付が必要。締め切りは4月30日。定員は先着120チーム。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ